「アナーヒター」の版間の差分

加筆
m (ロボットによる 追加: ru:Анаита)
(加筆)
{{Zoroastrianism}}
'''アナーヒター'''('''Anāhitā''')は、ペルシア神話に登場し、[[ゾロアスター教]]において崇拝される[[女神]]。
アナーヒターは[[アヴェスター語]]形で、[[パフラヴィー語]]では'''アナーヒト'''('''Anāhit''')といい、いずれも「'''清浄'''」を意味する。
 
力強い色白の腕を持ち、四角い黄金の耳飾と星をちりばめた金の頭飾で身を飾り、帯を高く締めた美しい乙女の姿をしているという。
 
== 概要 ==
本来は川や水を司る水神で、'''ハラフワティー・アルドウィー・スーラー'''('''Harahvatī Arədvī Sūrā''')すなわち「'''水を持つ者、湿潤にして力強き者'''」と呼ばれていた。このハラフワティーという名から、同じく川の女神である[[インド神話]]の[[サラスヴァティー]]と同起源と考えられている。
アナーヒターは[[アヴェスター語]]形で、[[パフラヴィー語]]では'''アナーヒト'''('''Anāhit''')といい、いずれも「'''清浄'''」を意味する。ゾロアスター教神学では中級神[[ヤザタ]]に分類されるが[[主神]][[アフラ・マズダー]]と[[太陽神]][[ミスラ]]に匹敵する人気を誇る。
 
本来は[[川]]や水を司る水神である。この女神は世界の中央にそびえたつアルブルス山の頂から流れ出す川を守護するとされ、この川は、あらゆる[[水路]]、川、[[入江]]、[[湖沼]]の源であると考えらている為アナーヒターはそれら広くの女神とされている。
ゾロアスター教神学では中級神[[ヤザタ]]に分類される。また、全てを潤し命を育む水の特性から、家畜の生殖・作物の豊穣の神ともされ、財産や土地の増大をも司る。その絶大な現世利益から、[[サーサーン朝]]ペルシアの時代には極めて篤く崇拝された。
 
ゾロアスター教神学では中級神[[ヤザタ]]分類される。また全てを潤しこの川の水が生命を育む水の特性か成する[[源泉]]と考えアナーヒターは健康、子宝、安産、[[家畜]]の生殖・作物の豊穣の神ともされ、財産や土地の増大をも司る。その絶大な現世利益神徳から、[[サーサーン朝]]ペルシアの時代には極めて篤く崇拝された。
また、後に[[ギリシャ]]でも崇められるようになり、[[ギリシャ語]]で'''アナイティス'''('''’Αναϊ^τις''')と呼ばれる。また、[[リュディア]]では[[キュベレ]]や[[アルテミス]]と同一視された。
 
本来は川や水を司る水この女で、'''ハラフワティー・アルドウィー・スーラー'''('''Harahvatī Arədvī Sūrā''')すなわち「'''水を持つ者、湿潤にして力強き者'''」と呼ばれていた。このハラフワティーという名から、同じく川の女神である[[インド神話]]の[[サラスヴァティー]]と同起源と考えられている。
==関連項目==
 
またペルシア7曜神では[[金星]]神とされる。
 
 
 
== 姿形 ==
アナーヒターは力強い色白の腕を持ち、四角い[[黄金]][[耳飾り]]、百の[[]]をちりばめた金の頭飾で身[[冠]]かぶり、黄金の[[マント]]を羽織り、首には黄金の[[首飾り]]を身に付け、帯を高く締めた美しい[[乙女]]の姿をしているといわれる
 
[[バビロニア]]の[[イシュタル]]と習合し、このとき[[容貌]]、装束、[[性格]]、祭儀もバビロニア的となる。[[ヘレニズム]]時代になると[[ギリシャ]]でも崇められるようになり、[[アフロディーテ]]とも習合した。[[ギリシャ語]]で'''アナイティス'''('''’Αναϊ^τις''')と呼ばれる。
 
また、[[リュディア]]では[[キュベレ]]や[[アルテミス]]と同一視された。
 
 
== 関連項目 ==
*[[観音菩薩]]
*[[サラスヴァティー]]
 
 
{{DEFAULTSORT:あなあひたあ}}
[[Category:牧神]]
[[Category:豊穣神]]
[[Category:金星神]]
 
[[ca:Anahita]]
2,219

回編集