「ペレンノール野の合戦」の版間の差分

編集の要約なし
m (数字を半角に修正)
'''ペレンノール野の合戦'''(ペレンノールののかっせん)は[[J・R・R・トールキン]]の小説『[[指輪物語]]』において、[[ゴンドール]]の都[[ミナス・ティリス]]の攻略を目指す[[サウロン]]の[[モルドール]]及びその同盟国軍と、それを阻止しようとするゴンドールおよびその同盟国軍との間で戦われた架空の合戦である。
 
モルドール軍には[[ハラドリム]]、東夷の軍が加わった。ゴンドール軍は、ミナス・ティリス守備軍のほか、ゴンドール諸封土から招集された兵、[[ローハン]]軍で構成された。[[指輪の仲間]]では[[ガンダルフ]]、[[アラゴルン]]、[[レゴラス]]、[[ギムリ]]、[[メリアドク・ブランディバック]]が戦った。[[ペレグリン・トゥック]]は戦闘には参加しなかったが、ゴンドールの近衛兵として守備に当たった。
* 戦闘と直接に関係はないが、アラゴルンの持っているアンドゥリルはエルロンドが後からナルシルを打ち直して持って来たものとされている。なお原作では裂け谷を出る段階で既に完成している。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:中つ国の合戦|へれんのるの]]のかつせん}}
[[Category:中つ国の合戦]]
 
[[bs:Bitka od Pelenorskih Polja]]
匿名利用者