「G7 105mm榴弾砲」の版間の差分

m (ロボットによる: 細部の編集)
G7榴弾砲は1995年に開発が開始され、[[アパルトヘイト]]政策が続いていた時期に南アフリカが開発した[[G5 155mm榴弾砲]]の技術を応用して設計された。同砲は105mm榴弾砲としては異例の52口径という超長砲身を装備しており、これが後述の長射程を提供する。
 
G7の最大の特徴は射程距離の長さにあり、ベースブリード弾([[:en:Base bleed|en]])を使用した場合の最大射程は32,000mにまで達する。この数字は世界に現存する全ての種類の105mm榴弾砲をアウトレンジ可能なものより長射程であり、同じ南アフリカ製のG5とG6ライノを除く大半の155mm榴弾砲すらも上回る数字である。
 
現時点に於いて採用国は存在しないが、アメリカでは陸軍のストライカー旅団や海兵隊への配備を考えており、南アフリカもカナダ、イギリス、オーストラリアへの売り込みを積極的に行っている。
匿名利用者