「歴史書一覧」の版間の差分

著書・歴史家の追加、一部修正
(著書・歴史家の追加、一部修正)
===近現代===
近代[[歴史学]]確立以降の著名な歴史書。
*『[[世界史概観]]』([[レオポルト・フォン・ランケ]])
*『[[ヨーロッパ文明史]]』([[フランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾー]])
*『[[イタリア・ルネサンスの文化]]』([[ヤーコプ・ブルクハルト]])
*『[[封建社会]]』([[マルク・ブロック]])
*『[[ヨーロッパ史]]ユダヤ人と経済生活』([[アンリヴェルナーピレバルト]])
*『近代史における国家理性の理念』([[フリードリヒ・マイネッケ]])
*『[[中世ヨーロッパ社会経済史]]』([[アンリ・ピレンヌ]])
*『文明化の過程』([[ノルベルト・エリアス]])
*『[[中世の秋]]』([[ヨハン・ホイジンガ]])
*『[[地中海]]』([[フェルナン・ブローデル]])
*『近代世界システム論』([[イマニュエル・ウォーラーステイン]])
*『市民革命と産業革命』(エリック・ホブズホーム)
*『西洋の勃興』(ウィリアム・マクニール)
*『監獄の誕生』(ミシェル・フーコー)
 
==アフリカ大陸の歴史書==
3,372

回編集