「エンリケ4世 (カスティーリャ王)」の版間の差分

 
==生涯==
エンリケは15歳のとき、[[アラゴン王国|アラゴン]]王[[フアン2世 (アラゴン王)|フアン2世]]と[[ナバラ王国|ナバラ]]女王[[ブランカ1世 (ナバラ女王)|ブランカ1世]]の王女で母方の従姉の[[ブランカ2世|ブランカ]]([[1424年]] - [[1464年]])と結婚した。しかしエンリケは新婚初夜はおろか、その後も全く彼女に対して[[性交渉]]を求めなかった。13年後にエンリケが離婚を求めたとき、公式の検査でブランカの[[処女]]が確認された。聖職者たちは[[セゴビア]]の[[売春婦]]に対してエンリケが性的不能ではないことを確認し、[[教皇|ローマ教皇]]も結婚が何らかの「魔法」によって妨げられたとして離婚を承認した。ブランカは実家に送られて収監され、のちに[[毒殺]]された。
 
[[1454年]]、エンリケは父王フアン2世の死去を受けて王位に即いた。
匿名利用者