「志筑忠雄」の版間の差分

『暦象新書』に関して少し加筆修正
(『暦象新書』に関して少し加筆修正)
*『八円儀及其用法之記』[[1798年]] - [[コルネリス・ドウエス]]著『Cornelis Douwes: Beshrijving van het Octant』([[1749年]])の日本語訳。
*『鎖国論』[[1801年]] - [[エンゲルベルト・ケンペル]]([[ドイツ人]]、[[1651年]] - [[1716年]]、[[医師]])著『日本誌』([[1727年]])の章の1つ『日本国において自国人の出国、外国人の入国を禁じ、又此国の世界諸国との交通を禁止するにきわめて当然なる理』の日本語訳。「[[鎖国]]」という[[言葉]]を生んだ書とされている。
*『暦象新書(上中下)1798年から[[1802年]] - 原著は[[ジョン・ケイル([[:en:John Keill|John Keill]], [[1671年]]-[[1721年]])の『真正なる自然学および天文学への入門書(Introductiones ad Veram Physicam et veram Astronomiam)』([[1725年]])のオランド語版(1741年)。[[アイザック・ニュートン]]や[[ヨハネス・ケプラー]]の生んだ[[法則]]や[[概念]]、+、-、÷、√といった[[記号]]を日本に紹介し、「[[遠心力]]」、「[[求心力]]」、「[[重力]]」、「[[加速度|加速]]」、「[[楕円]]」という語を生んだ書。<ref><!-- 2010/12/17 11:42の加筆部分に関して -->吉田光邦『江戸の科学者たち』p. 156</ref>
*『二国会盟録』[[1806年]] - ジェルビヨン(フランス人、宣教師)が著した旅行記の日本語訳。
*『三角算秘傳』 - 「[[球面三角法#ネイピアの法則|ネイピアの法則]]」を日本に最初に紹介したとされる書。
*[[吉田忠]]「志筑忠雄 - 独創的思索家 - 」、[[ヴォルフガング・ミヒェル]]・[[鳥井裕美子]]・[[川嶌眞人]] 共編『九州の蘭学 - 越境と交流』、[[思文閣出版]]、京都、2009年、p. 102 - 108。ISBN 978-4-7842-1410-5
*[[渡辺庫輔]]『阿蘭陀通詞志筑氏事略』、[[長崎学会]]、長崎、1957年。
*吉田光邦『江戸の科学者たち』社会思想社(現代教養文庫)、1969年
 
{{DEFAULTSORT:しつき たたお}}
8,808

回編集