メインメニューを開く

差分

整理
{{統合文字|葛}}
'''葛原親王'''(かずらわらしんのう、[[延暦]]5年[[11月7日 (旧暦)|11月7日]]([[786年]][[12月1日]]) - [[仁寿]]3年[[6月4日 (旧暦)|6月4日]]([[853年]][[7月1713日]]))は、[[平安時代]]初期の[[皇族]]で、[[平氏|桓武平氏]]の祖父は[[桓武天皇]]。母は多冶比真宗(貞の第三皇子に[[平高棟|高棟王官位]]は一品・[[平善棟大宰府|善棟王大宰帥]][[高見平氏#葛原親流|桓武平氏]]がいるの祖
 
== 経歴 ==
[[平氏|桓武平氏]]の祖で、幼少から俊秀として知られており、[[798年]]([[延暦]]17年)、異母兄弟の大伴皇子(後の[[淳和天皇]])と共に[[元服]]。[[803年]](延暦22年)[[治部省|治部卿]]に叙任され、以降[[大蔵省|大蔵卿]]、[[弾正尹]]、[[式部省|式部卿]]などを歴任した。特に[[式部省|式部卿]]については、[[810年]]([[弘仁]]元年)に[[任官|任じられ]]、途中[[823年]](同14年)から[[830年]]([[天長]]7年)を除いて、[[850年]]([[嘉祥]]3年)に[[大宰帥]]に任じられるまでの33年間にわたってその職にあり、[[831年]](天長8年)には80年ぶりに[[一品親王|一品]]に叙せられている。親王の薨去を記した『[[文徳実録]]』の記事でも「久在式部 諳職務 凡在旧典 莫不達練 挙朝重之」と記して親王が[[式部省]]の[[長官]]として実際に省を統率していたことを記している。
幼少から俊秀として知られており、[[延暦]]17年([[798年]])異母兄弟の大伴皇子(後の[[淳和天皇]])と共に[[元服]]。延暦22年([[803年]])四品・[[治部省|治部卿]]に叙任されて以降、[[大蔵省|大蔵卿]]・[[弾正尹]]・[[式部省|式部卿]]・[[大宰府|大宰帥]]を歴任し、この間[[大同 (日本)|大同]]4年([[809年]])三品、[[弘仁]]7年([[816年]])二品と昇進している。
 
この間に[[825年]](天長]]2年([[825年]])子女に'''を[[臣籍降下]]させ'''(たいら)の姓を称することを[[上奏]]して許された、[[上野国|上野]][[太守]]、[[常陸国|常陸]][[太守]]を兼務して[[一品親王|一品]]に叙せられ[[835天長8]]([[承和 (日本)|承和]]2831)、[[甲斐国]][[巨麻郡]]の牧であった「馬相野空閑地五百町」(旧[[山梨県]]中巨摩郡[[八田村]]・[[白根町]]、現[[南アルプス市]])を与えられている。には[[850年託基皇女]]([[嘉祥]]3以来80ぶり[[大宰帥一品親王|一品]]に任じ叙せられている
 
[[承和 (日本)|承和]]2年([[835年]])[[甲斐国]][[巨麻郡]]の牧であった「馬相野空閑地五百町」(現在の[[山梨県]][[南アルプス市]])を与えられている。[[嘉祥]]3年([[850年]])には再度[[大宰帥]]に任じられた。
 
仁寿3年(853年)6月4日に没した。享年68。最終官位は一品大宰帥。伝承の墓所と邸宅跡地が[[京都府]][[乙訓郡]][[大山崎町]]にある。
 
親王として諸官を歴任したが、特に式部卿については、弘仁元年([[810年]])に任官ののち、途中弘仁14年([[823年]])から天長7年([[830年]])の期間を除いて、嘉祥3年(850年)に大宰帥に転任するまでの33年間にわたってその職にあり、[[六国史]]の薨伝でも「久在式部 諳職務 凡在旧典 莫不達練 挙朝重之」と親王自身が政務に熟達し式部省の[[長官]]として実際に省を統率していたことを記している<ref>『[[日本文徳天皇実録]]』仁寿3年6月4日条</ref>。
 
== 系譜 ==
*父:[[桓武天皇]]
*母:多冶比真宗(貞子) - 多治比長野の娘
*妻:不詳
**男子:[[平高棟|高棟王]](804-867)
**男子:[[平善棟|善棟王]](?-829)
**男子:[[高見王]]
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
* 安田政彦『平安時代皇親の研究』([[吉川弘文館]]、[[1998年]]) ISBN 978-4-642-02330-6
 
== 関連項目 ==
* [[平氏#葛原親王流|桓武平氏]]
 
 
9,518

回編集