「ルジンの問題」の版間の差分

m
ですます修正。
編集の要約なし
m (ですます修正。)
'''ルジンの問題'''(ルジンのもんだい)とは、[[正方形]]の問題でに関して[[ルジン]]が考えた問題である。
 
「任意の正方形を、全て異なる大きさの正方形に分割できるか」という問題であり、ルジンはこの問題の解は存在しないと予想しましたが、その後幾つかの例が発見されました。
この問題は、
 
現在の最小の解は21個で、1辺112の正方形を、一辺の長さがそれぞれ2,4,6,7,8,9,11,15,16,17,18,19,24,25,27,29,33,35,37,42,50の計21枚の正方形で、隙間なくうめつくすことができる
''「任意の正方形を、全て異なる大きさの正方形に分割できるか」''
 
いう問題で、ルジンはこの問題の解は存在しないと予想しましたが、その後幾つかの例が発見されました。
 
現在の最小の解は21個で、1辺112の正方形を、一辺の長さがそれぞれ2,4,6,7,8,9,11,15,16,17,18,19,24,25,27,29,33,35,37,42,50の計21枚の正方形で、隙間なくうめつくすことができる
 
 
== 関連項目 ==
 
*[[正方形]]
 
[[Category:幾何学|るじんのもんだい]]
11,676

回編集