メインメニューを開く

差分

典拠一つ。
{{出典の明記| date=2011年2月}}
{{基礎情報 武士
| 氏名 = 伊達稙宗
| 主君 =
| 藩 =
| 氏族 = 父:[[伊達尚宗]]、母:[[積翠院]]([[上杉房実]]<ref>系図類では「[[上杉定実]]」とされている。</ref>の娘)
| 父母 =
| 兄弟 =
[[長享]]2年([[1488年]])、第13代当主・[[伊達尚宗]]の嫡男として生まれる。当初は'''高宗'''と名乗った。
 
[[永正]]11年([[1514年]])、父の死去にともない家督を相続して第14代当主となると、[[最上氏]]・[[葛西氏]]・[[岩城氏]]などと抗争を繰り返したが、軍事力と婚姻外交を取り混ぜ、伊達氏の勢力を急激に拡大した。永正14年([[1517年]])、第11代将軍・[[足利義稙]]の上洛祝賀の為として多額の進物を送り、[[管領]]・[[細川高国]]を通じて[[左京大夫]]任官
<ref>左京大夫は、元来[[奥州探題]][[大崎氏]]が世襲する官位であった。この官位を伊達氏が獲得したことは、大崎氏に名実共に取って代わったと認めさせたことを示している。稙宗はこのようにして中央との結びつきを家格上昇に利用した(小林宏『伊達家塵芥集の研究』創文社、1970)</ref>と一字拝領とを願い出て許され、偏諱を受けて名を'''稙宗'''に改めた。[[大永]]2年([[1522年]])には陸奥守護に補任され、[[天文 (日本)|天文]]元年([[1532年]])には居城を[[梁川城]]から[[西山城]]に移し、天文5年([[1536年]])には169条に及ぶ[[分国法]]・『[[塵芥集]]』を制定するなど、体制の強化に努めた。
 
永正14年([[1517年]])、第11代将軍・[[足利義稙]]の上洛祝賀の為として多額の進物を送り、[[管領]]・[[細川高国]]を通じて[[左京大夫]]任官
ところが三男・伊達実元の[[越後国|越後]][[守護]]・[[上杉定実]]への入嗣や婿の[[相馬顕胤]]への伊達領割譲などの問題をめぐって長男・[[伊達晴宗|晴宗]]や[[桑折景長]]・[[中野宗時]]ら家臣団と対立を深め、天文11年([[1542年]])には晴宗に捕縛されて西山城に幽閉された。しかし、稙宗は[[小梁川宗朝]]によって救出されると奥州諸侯を糾合して晴宗と争う構えを見せたため、奥州全体を巻き込む形で[[天文の乱]]が勃発する。この争いは当初稙宗方が優勢だったが、天文16年([[1547年]])に味方であった[[蘆名盛氏]]が晴宗に寝返ったことで、一転して戦況が不利に傾き、天文17年([[1548年]])9月、晴宗に降伏する形で和睦し、家督を晴宗に譲って[[丸森城]]に[[隠居]]することを余儀なくされた。
<ref>左京大夫は、元来[[奥州探題]][[大崎氏]]が世襲する官位であった。この官位を伊達氏が獲得したことは、大崎氏に名実共に取って代わったと認めさせたことを示している。稙宗はこのようにして中央との結びつきを家格上昇に利用した(小林宏『伊達家塵芥集の研究』創文社、1970)</ref>と一字拝領とを願い出て許され、[[偏諱]]を受けて名を'''稙宗'''に改めた。[[大永]]2年([[1522年]])には陸奥守護に補任され、[[天文 (日本)|天文]]元年([[1532年]])には居城を[[梁川城]]から[[西山城]]に移し、天文5年([[1536年]])には169条に及ぶ[[分国法]]・『[[塵芥集]]』を制定するなど、体制の強化に努めた。
 
永正17年([[1520年]])には出羽の[[最上義定]]と長谷堂で戦って勝利し、急死した義定の後継に幼少の[[最上義守]]を擁立し、妹である義定未亡人を通して実質的に最上家を支配下においた。[[大永]]2年([[1522年]])には陸奥守護に補任された。
 
[[天文 (日本)|天文]]元年([[1532年]])には居城を[[梁川城]]から[[西山城]]に移した。
 
天文5年([[1536年]])には169条に及ぶ[[分国法]]・『[[塵芥集]]』を制定するなど、体制の強化に努めた。
 
ところが稙宗は三男・伊達実元[[越後国|越後]][[守護]]・[[上杉定実]]へ入嗣させようとし、また、娘婿の[[相馬顕胤]]関係を深めるため、伊達領の一部を割譲などしようとした。これらの問題をめぐって長男・[[伊達晴宗|晴宗]]や[[桑折景長]]・[[中野宗時]]ら家臣団と対立を深め、天文11年([[1542年]])には晴宗に捕縛されて西山城に幽閉されたという。しかし、稙宗は[[小梁川宗朝]]によって救出されると奥州諸侯を糾合して晴宗と争う構えを見せたため、奥州全体を巻き込む形で[[天文の乱]]が勃発する。この争いは当初稙宗方が優勢だったが、天文16年([[1547年]])に味方であった[[蘆名盛氏]]が晴宗に寝返ったことで、一転て戦況が不利に傾き、天文17年([[1548年]])9月、晴宗に降伏する形で和睦し、家督を晴宗に譲って[[丸森城]]に[[隠居]]することを余儀なくされた。
 
この争いは当初稙宗方が優勢だったが、天文16年([[1547年]])に味方であった[[蘆名盛氏]]が晴宗に寝返ったことで、一転して戦況が不利に傾き、天文17年([[1548年]])9月、晴宗に降伏する形で和睦し、家督を晴宗に譲って[[丸森城]]に[[隠居]]することを余儀なくされた。
 
永禄8年([[1565年]])6月19日、丸森城にて死去。享年78。遺骸は自らが開基となった[[陽林寺]]に葬られた。小梁川宗朝が墓前で殉死している。
== 脚注 ==
<references/>
 
== 出典 ==
*歴史群像編集部編『戦国時代人物事典』(学習研究社、2009年) ISBN 4054042902
**「伊達稙宗」、「伊達晴宗」の項目(伊達宗弘執筆)
 
{{伊達氏宗家歴代当主}}
6,464

回編集