「デンマーク王立図書館」の版間の差分

(外部参照サイトの記述を訂正)
 
== ブラックダイアモンド ==
1999年、スロッツホルメンの旧館の隣に新館が建てられ、ブラックダイアモンド (Den Sorte Diamant) と呼ばれている。設計はデンマークの建築家集団[[シュミット・ハマー・ラッセン]]( [[:en:schmidt hammer lassen|schmidt hammer lassen]] である。外壁が黒い[[大理石]]とガラスで覆われていることからそのように呼ばれ、図書館の他にコンサートホールもある(位置は {{coord|55|40|25.5|N|12|34|55|E|region:DK_type:landmark}})。
 
1999年に開館した。2つの黒い立方体で構成されており、上にいくほど若干通りに迫り出している。2つの立方体の間にはガラスで覆われた[[アトリウム]]があり、両側は8階建ての白壁で波形のバルコニーになっていて、両側をつなぐ空中通廊がいくつかある。アトリウムはガラスで覆われているので海など外の景色が見える。旧館とブラックダイアモンドを繋ぐ渡り廊下が3つあり、それらは通りの上を跨いでいる。そのうち最大の渡り廊下の天井には、デンマークの画家 ペー・キルケビュ([[:en:Per Kirkeby|Per Kirkeby]]) の巨大な絵画がある。