「聖バレンタインデーの虐殺」の版間の差分

文章を部分的に削除、それに合わせてcl
(文章を部分的に削除、それに合わせてcl)
'''聖バレンタインデーの虐殺'''(せいバレンタインデーのぎゃくさつ、[[英語|英]]: St. Valentine's Day Massacre)とは、[[1929年]][[2月14日]]に[[シカゴ]]で起きた[[ギャング]]の抗争事件である。別名、'''聖バレンタインデーの悲劇'''、'''血のバレンタイン'''とも呼ばれる。
 
事件は[[アル・カポネ]]が指揮していたと言われ、抗争を繰り広げていた[[ジョージ・モラン|バッグズ・モラン]]一家の[[殺し屋|ヒットマン]]6人及び[[歩行者|通行人]]1人の計7人が[[殺害]]された。この事件自体それほど重要というわけではなかったが、犯人たちが[[パトロールカー|パトカー]]を使い[[警察官|警官]]に扮していたこともあってり、全米中の[[マスメディア|マスコミ]]の注目を集めた。
 
== 事件概要 ==
865

回編集