「廃虚の鳩」の版間の差分

編集の要約なし
(テンプレの編集(改名したため))
| Next single = [[青い鳥 (ザ・タイガースの曲)|青い鳥]]<br />([[1968年]])
}}
「'''廃虚の鳩'''」(はいきょのはと)は、[[ザ・タイガース]]が[[1968年]]10月にリリース発売したシングルである。最高潮に達していた[[グループ・サウンズ|GSブーム]]も徐々に陰りが見え始め、歌謡界における変化の兆しに伴い陰りが見えつつあっ始めていた。
 
==解説==
*作詞は[[山上路夫]]、作曲は[[村井邦彦]]である。「[[花の首飾り|花の首飾り/銀河のロマンス]]」・「[[シー・シー・シー]]」と連続して1位を獲得したザ・タイガースだったが、その過熱的な人気も峠を越したそんな頃であった。
 
*リリース発売されて間もなく3位にランクされるが、[[ピンキーとキラーズ]]「[[恋の季節]]」と[[黛ジュン]]「[[夕月 (シングル)|夕月]]」に阻まれて3位留まりとなった。
*両面とも3rd ALBUM『[[ヒューマン・ルネッサンス]]』からのシングルカットである。
 
2,872

回編集