「98ローカルバス」の版間の差分

編集の要約なし
'''98ローカルバス''' は、[[1993年]]に発売された、[[日本電気]] (NEC) の[[PC-9821シリーズ|PC-9821A-Mate]]シリーズに搭載された32ビット高速バスである。<!-- [[Micro Channel Architecture|MCA]]同様、非常にクローズドな規格で、 -->このバスに対応した製品を発売したのはNEC自身と、[[カノープス (企業)|カノープス]]、メルコ(現[[バッファロー (パソコン周辺機器)|バッファロー]])、[[住友金属工業]]、サピエンスの4社だけである。
 
[[VESA ローカルバス|VLバス]]を移植したものという誤解があるが、こちらは電気的特性の点で有利な[[New Extend Standard Architecture|NESA]]用Eバスコネクタを使用し、[[クロック|クロック周波数]]にかかわらず2本までに制限されている関係から、電源や信号特性はVLバスと比較にならないほど良好である。
 
また、[[Pentium]]を搭載した、PC-9821 Af/Anにも搭載されているが、[[Intel Pentium (1993年)|Pentium]]機搭載の98ローカルバスはブリッジ変換を行っているため本来の性能を発揮できない。
 
== 規格 ==
匿名利用者