「コンタフレックス」の版間の差分

編集の要約なし
(情報追加)
 
== 126フィルム使用カメラ ==
*'''コンタフレックス126'''([[1967年]]発売) - 外観は24×36mm(ライカ)判一眼レフカメラのコンタフレックスシリーズに近いが[[シャッター (カメラ)#フォーカルプレーンシャッター|フォーカルプレーンシャッター]]である。専用バヨネットマウントを備え、交換レンズは'''ディスタゴン'''25mmF4、'''ディスタゴン'''32mmF2.8、'''テッサー'''45mmF2.8、'''パンター'''45mmF2.8、'''ゾナー'''85mmF2.8、'''テレテッサー'''135mmF4、'''テレテッサー'''200mmF4がある。[[1971年]]まで製造された。
 
== 135フィルム使用カメラ ==
 
=== 一眼レフカメラ ===
24×36mm(ライカ)判。[[シャッター (カメラ)#レンズシャッター|レンズシャッター]]式。一般に[[デッケル|コンパー]]シャッターとテッサーレンズを搭載するがアルファ、ベータ、プリマのみ[[プロンター]]シャッターとパンターレンズを搭載する。いずれの機種も[[クイックリターンミラー]]ではない。一般に普及機と評価されているが、現行当時日本国内では[[ニコンの銀塩一眼レフカメラ製品一覧#ニコンF|ニコンF]]がオートニッコール50mmF2つきで67000円であった時に'''コンタフレックススーパー'''は96500円と高価であった。
 
テッサー45mmF2.8装着モデルにはフロントコンバージョンレンズがある。テッサー50mmF2.8装着モデルには前玉交換式で'''プロテッサー'''35mmF3.2、'''プロテッサー'''35mmF4、'''プロテッサー'''85mmF3.2、'''プロテッサー'''85mmF4、'''プロテッサー'''115mmF4がある。ベータ、プリマには前玉交換式で'''パンター'''30mmF4、'''パンター'''75mmF4がある。
匿名利用者