「サーギャラハッド」の版間の差分

cl,+cat〈Category:種牡馬〉 using AWB
(cl,+cat〈Category:種牡馬〉 using AWB)
|金 =
}}
'''サーギャラハッド'''(''{{lang|en|Sir Gallahad III}}''、[[1920年]] - [[1949年]])[[フランス]]の[[競走馬]]、後である。[[アメリカ合衆国]]で[[種牡馬]]として成功した。全弟に[[ブルドッグ (競走馬)|ブルドッグ]]、半弟にアドラミラルドレイク、ベルアセル、[[ボワルセル]]がいる。
 
== 概要 ==
馬名は[[アーサー王]]の[[円卓の騎士]]のひとり「[[ガラハッド]]」に由来する。
 
現役時代は2歳から4歳まで、おもにフランスの[[競馬の競走|競走]]に出走した。[[プール・デッセ・デ・プーラン]]、[[ジャックルマロワ賞]]での優勝経験があるほか、[[ロワイヤルオーク賞]]での2着がある。4歳時には[[イギリス]]に遠征し、リンカンシャーハンデキャップに勝っている。
 
競走馬引退後は種牡馬となった。まずフランスで供用され、のちにアーサー・ハンコックが12万5000[[アメリカ合衆国ドル|ドル]]でアメリカに輸入し、以後[[クレイボーンファーム]]で供用された。三冠馬[[ギャラントフォックス]]を初め65頭のステークスウィナーを送り出し、[[北アメリカ|北米]][[リーディングサイアー]]を4回、同チャンピオン[[ブルードメアサイアー]]12回も獲得した。
 
[[1949年]]に死亡、遺骸は供用されていたクレイボーンファームに[[埋葬]]された。
|name = サーギャラハッド
|inf = ([[テディ系]]/Angelica-St. Simon 5×3=15.6%、Galopin 4x5=9.38%、 Lord Clifden 5x5=6.25%、 Macaroni 5x5=6.25%)
|f = [[テディ (競走馬)|Teddy]]<br />1913  鹿毛  [[フランス]]
|m = [[プラッキーリエージュ|Plucky Liege]]<br />1912  鹿毛  [[イギリス]]
|ff = [[アジャックス (フランスの競走馬)|Ajax]]<br />1901  鹿毛  フランス
|fm = Rondeau<br />1900  鹿毛  イギリス
|mf = [[スペアミント (競走馬)|Spearmint]]<br />1903  鹿毛  イギリス
|mm = Concertina<br />1896  鹿毛  イギリス
|fff = [[フライングフォックス|Flying Fox]]
|ffm = Amie
}}
 
{{keibaKeiba-stub}}
{{DEFAULTSORT:さきやらはつと}}
[[Category:1920年生 (競走馬)|仏さきやらはつと]]
[[Category:フランス生産の競走馬]]
[[Category:フランス調教の競走馬]]
[[Category:種牡馬]]
 
[[en:Sir Gallahad III]]
 
{{keiba-stub}}
15,163

回編集