「ビクトル・オビンナ」の版間の差分

編集の要約なし
ナイジェリアのユースチームでキャリアをスタートし、2005年に[[セリエA (サッカー)|セリエA]]の[[ACキエーヴォ・ヴェローナ]]に3年契約で移籍しトップチームデビュー。セリエAデビュー戦となった2005年9月11日の[[パルマFC]]戦で、セリエA初得点となる決勝ゴールを挙げた。2006年1月には強豪・[[インテルナツィオナーレ・ミラノ|インテル]]との共同保有となった。このシーズン、オビンナは6得点を挙げキエーヴォの躍進(7位、後にカルチョ・スキャンダルで4位に浮上)に貢献した。2006-07シーズンにキエーヴォは[[セリエB (サッカー)|セリエB]]に降格するが、オビンナはチームに残留。自己最多の32試合に出場し8得点を挙げ、キエーヴォのセリエB優勝・1シーズンでの昇格に貢献した。
 
2008年8月、インテルへ完全移籍。10月19日の[[ASローマ]]戦で移籍後初得点を挙げるが出場機会は少なく、9試合の出場に終わった。2009-10シーズンは[[リーガ・エスパニョーラ]]の[[マラガCF]]へレンタル移籍し、10月4日の[[シェレスCD]]戦でリーガ初得点を記録した。2010-11シーズンは[[プレミアリーグ]]の[[ウェストハム・ユナイテッドFC|ウェストハム]]へレンタル移籍をした。インテルとの契約が終了しフリーエージェントになっていたオビンナは2011年6月、[[ロシアサッカー・プレミアリーグ|ロシア・プレミアリーグ]]に所属をする[[FCロコモティフ・モスクワ]]へ4年契約で移籍をした<ref>[http://www.fclm.ru/ru/info/news/?id_4=12099 «Локомотив» подписал контракт с Обинной]</ref>。
 
[[アフリカネイションズカップ2006]]で[[サッカーナイジェリア代表|ナイジェリア代表]]に始めて招集されると、グループリーグの[[サッカーガーナ代表|ガーナ]]戦で初出場。準々決勝の[[サッカーチュニジア代表|チュニジア]]戦では代表初得点となる同点ゴールを挙げ、ナイジェリアはこの試合で最終的に[[PK戦]]で勝利した。2008年には北京オリンピック代表に選出され、3試合に出場。銀メダルを獲得した。[[2010 FIFAワールドカップ・アフリカ予選|南アフリカW杯予選]]では3得点を挙げ、ナイジェリアの杯出場に貢献。[[アフリカネイションズカップ2008]]では代表落ちしたものの、[[アフリカネイションズカップ2010]]では代表に返り咲き、全6試合に出場。準々決勝の[[サッカーザンビア代表|ザンビア]]戦ではPK戦で3人目のキッカーとしてPKを成功し、3位決定戦の[[サッカーアルジェリア代表|アルジェリア]]戦では決勝点を挙げ、ナイジェリアの3位入賞に貢献した。
1,325

回編集