「都乃河勇人」の版間の差分

 
==概要==
大学卒業後、[[2007年]]1月に発売された『[[智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜|智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜 CS Edition]]』で、Keyの新人シナリオライターとしてデビュー。移植による追加シナリオの一部を担当した。同年[[7月]]に発売された『[[リトルバスターズ!]]』より、本格的にシナリオ制作に参加。同作では、日常イベントのほとんどと小毬ルート、来ヶ谷ルートを担当した他、エンディングテーマの一つである「Alicemagic」の作詞を手掛けた(同曲は、同作の[[アダルトゲーム|18禁]]版である『[[リトルバスターズ!|リトルバスターズ! エクスタシー]]』でも別アレンジ版が用いられている)。同作での活躍を見た企画担当の[[麻枝准]]からは「あとはいかに手を抜いたギャグをなくしていくか」「(執筆のたびに段々評価が上がっているという都乃河の話を受けて)つぎは絶対すごい。業界のトップライターに躍り出る<ref name="example">{{Cite book|和書
|author=Key
|editor=電撃G's magazine編集部
|isbn=9784840241564
|pages=pp.167-173
}}</ref>」と太鼓判を押さまで言われている。
 
その後、[[2008年]]9月発売の『リトルバスターズ! エクスタシー』を最後に、それまでKey草創期からシナリオを書き続けた麻枝がゲームシナリオの執筆を休止した(Keyには音楽、QC担当などとして残留)。これにより、2009年6月現在、同ブランド所属の専属ゲームシナリオライターは事実上都乃河のみとなり、麻枝の後継者として活躍が期待されている。現在は『[[Rewrite (ゲーム)|Rewrite]]』の開発にシナリオライターとして取り組んでいる。
 
また、2007年[[11月]]にリニューアルされたKey公式サイト内におけるスタッフブログでは、最も頻繁に更新を行っている。2008年7月に同ブログで突発企画として行われた'''『第一回マスターアップ記念・大質問大会』'''ではにて、回答者としてKeyや都乃河自身などに関する質問に回答し、自身の人物像にまつわる話数多く披露された。
 
==人物==
匿名利用者