「九国志」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: ''''九国志'''(きゅうこくし)は、北宋路振が著した十国歴史書。'''十国志'''(じゅっこくし)...')
 
 
== 概要 ==
路振は[[真宗 (宋)|真宗]]時代の[[知制誥]]。[[契丹]]への使者などを務めた<ref>路振の詳しい伝記は『[[宋史]]』巻411(列伝第200 文苑3)にある。</ref>。その彼が[[呉 (十国)|呉]]・[[南唐]]・[[呉越]]・[[前蜀]]・[[後蜀]]・東漢([[北漢]])・[[南漢]]・[[閩]]・[[楚 (十国)|楚]]の9か国の君臣の事績を集めて世家・列伝49巻を編纂したが、完成をみずに[[1014年]]に58歳で没した。その後、[[1061年]]になって孫の[[路倫]]が北楚([[荊南]])2巻分を補い、[[1064年]]に朝廷に進献した<ref name=zokutyohen>[[李燾]]『[[続資治通鑑長編]]』巻202、[[治平 (宋)|治平]]元年6月条。</ref>。その後、詔によって史館に納められ、[[張唐英]]によって改めて北楚2巻などを増補したという<ref name=gyokukai>[[王応麟]]『[[玉海]]』巻48。</ref>。刊本はなく、その後散逸していたが、[[清]]の[[邵晋函]]『[[永楽大典]]』などに所収されている分から136名<ref name=gyokukai>呉40名・南唐1名・呉越5名・前蜀18名・後蜀27名・東漢5名・南漢8名・閩8名・楚19名・北楚1名。</ref>の伝を抜きだし、それを[[周夢棠]]が12巻(呉臣伝のみ3巻、他は1巻ずつ)としたのが現行本である。[[正史]]である『[[旧五代史]]』・『[[新五代史]]』に見えない記述も含んでおり、史料的価値が高い。
 
最終的に十国の伝記が納められたことから、『十国志』という名称も用いられた<ref name=gyokukai/>が、路振の原題がそのまま用いられ、『九国志』と呼ばれるのが普通である。この「九国」の表現については、前蜀と後蜀を合わせたものとする説<ref name=zokutyohen/>もあるが、通説では北楚(荊南)を除いたとされている。これについて、[[山崎覚士]]は、「十国」が確認される最古の事例は[[1053年]]に完成した[[欧陽脩]]の『新五代史』(当時は『五代史記』)であり、欧陽脩が活躍した[[仁宗 (宋)|仁宗]]期以前にはそう地方政権を総称て「十国」と呼称する概念がなかったことし、それ以前の荊南は自立した国家とはみなされず[[五代十国時代|中国(五代王朝)]]の[[節度使]]として扱われていたため、路振は「九国」の事跡を記すのみであったとしている<ref>反対に欧陽脩とほぼ同時代の路倫・張唐英は、欧陽脩あるいは当時の歴史観の影響を受けて、北楚(荊南)を欠けていると捉えて増補したと考えられている。</ref>。
 
== 脚注 ==
匿名利用者