「チャコとケンちゃん (1982年のテレビドラマ)」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|1982年放送版|1968年放送版|チャコとケンちゃん (1968年のテレビドラマ)}}
{{基礎情報 テレビ番組
|番組名=チャコとケンちゃん<br />(第2作)
|ジャンル=[[児童向けドラマ]]
|放送期間=[[1982年]][[3月4日]]~同年[[9月30日]]
|放送時間=木曜19:30 - 20:00
|放送分=30
|放送回数=31
|放送枠=ケンちゃんシリーズ
|放送国={{JPN}}
|制作局=[[TBSテレビ|TBS]]、[[国際放映]]
|脚本=[[多地映一]]、[[三宅直子]]
|監督=[[柴田吉太郎]]、[[曽根義隆]]
|出演者=[[久米敬子]]<br />[[宮沢公二]]<br />[[高津住男]]<br />[[岸久美子]]ほか
|OPテーマ=「びっくりスター」([[19BOX]])
|特記事項=『[[ケンちゃんシリーズ]]』第14作にして最終作。
}}
{{ドラマ}}
『'''チャコとケンちゃん'''』は、[[1982年]][[3月4日]]から同年[[9月30日]]まで[[TBSテレビ|TBS]]系列の毎週[[木曜日|木曜]]19:30 - 20:00([[日本標準時|JST]])に放送された[[児童向けドラマ]]である。全31回。
 
 
==シリーズの終焉==
しかしその内容変更が返って仇になり、その上[[裏番組]]の『[[木曜スペシャル]]』([[日本テレビ放送網|日本テレビ]]系列。[[Dramatic Game 1844|プロ野球中継]]も平行)や『[[三枝の国盗りゲーム]]』([[ABCテレビ|朝日放送]]制作・[[テレビ朝日]]系列)の人気は止まる事を知らず、本作は低迷し、31回というシリーズワースト記録(『チャコちゃんシリーズ』では『[[チャコちゃん社長]]』の12回が有る)で終了し、遂に[[1962年]]以来丁度20年(中断も有り)続いた『チャコちゃんシリーズ→ケンちゃんシリーズ』は、事実上終結した。
 
==出演者==
匿名利用者