「王鳴盛」の版間の差分

編集の要約なし
'''王鳴盛'''('''おう めいせい''', [[1720年]]([[康熙]]59年) - [[1797年]]([[嘉慶 (中国)|嘉慶]]2年))は、[[中国]]の[[清]]朝の[[考証学]]者である。
 
[[字]]は鳳喈、礼堂、あるいは西荘と号した。また、晩年の号は西沚。[[江蘇省]][[嘉定区|嘉定県]]の出身。妹は[[銭大昕]]の妻
 
幼少の頃から、[[経学]]を[[恵棟]]から、詩文を[[沈徳潜]]から学び、17歳で[[1754生員]]になり、[[1747年]]([[乾隆]]12年)に[[郷試]]に合格、[[1754年]](乾隆19年)に[[進士]]及第<ref>殿試第一甲二名。</ref>した。官は、内閣学士、兼礼部侍郎にまで進んだが、失脚して光禄寺卿に落とされ偶々母の死にあって官を辞して帰郷して[[蘇州市|蘇州]]で[[処士]]として後半生を過ごした。その一方で金銭への執着心が強く、官僚時代に民衆から多くの搾取を行ったと非難され、[[昭槤]]は「王西荘之貪」(『嘯亭続録』巻3所収)という一文を書いて批判したほどであった<ref>吉田「王鳴盛」『歴史学事典』</ref>
 
学問的には、樸学(漢学)を志し、経学においては、[[鄭玄]]を理想とした。また、中国の伝統的な[[図書分類法]]である[[四部分類]]の各分野全てで著書を残そうと志してそれを実現<ref>経部→『尚書後案』、史部→『十七史商榷』、子部→『蛾術篇』、雑部→『耕養斎文集』とされている。</ref>させた。史学では、経学の手法を応用して、[[正史]]の異同を精査し、また小説・野史・金石文までも当たって考証を重ねた。
 
== 主著 ==
* ''[[清史稿]]''巻487
* ''[[清史列伝]]''巻268
== 脚注 ==
<references/>
== 参考文献 ==
* 吉田純「王鳴盛」『歴史学事典 5 <SMALL>歴史家とその作品</SMALL>』(弘文堂、1997年) ISBN 978-4-335-21035-8
 
{{DEFAULTSORT:おう めいせい}}