「バックベアード」の版間の差分

『妖怪千物語』では、『妖怪大戦争』のメンバーに'''ミイラ男'''や'''ゴーゴン'''などを加えて、日本を侵略。さらった子供達の魂で妖怪樹を育て、その実の霊力で悪魔総統[[プルート|デビルプルトー]]を復活させようとした、[[不死身]]で無敵の妖怪として登場。鬼太郎の活躍でデビルプルトーは希望の光に消滅、ベアードも逃げ去った。
 
アニメ第5作は、第18話『古城に光る黒い眼』で初登場。ベアードの名前は古今(ココン)には'''馬句部阿度'''と記載されている。アニメ版にしては珍しく優遇されており、西洋妖怪達の大統領的存在と言われ、強大な魔力を持つ黒幕として幾話に渡って登場している。日本妖怪根絶と地獄侵略を企んでいるが、活動範囲を広げるため、一時的に日本妖怪の総大将であるぬらりひょんと手を組んでいる。体を構成する妖怪細胞は、時に鋼鉄より硬く時にゴムより軟らかくと硬軟自在の為、目も含めて並大抵の攻撃は通じず、体内は毒素で満ち溢れている。反面、通常空間には短時間しか出られず、普段は異空間に潜んでいる。紳士的な態度であるが、その本質は冷酷無比である。ただし、高い知性を備えていること、理性的であることは事実のようで、配下の西洋妖怪たちを纏めるに当たっても、直接的な妖怪としての実力より、むしろ政治力と統率力で従わせているような節がある。部下に対しては、魔女ザンビアのバレンタインプレゼントを気持ちだけでも受け取る等の優しさもある。
 
『妖鬼化』([[水木しげる]])によれば、水木しげる本人はバックベアードを気に入っているようで、形が面白いのでよく作品に登場させていると語っている。「ゲゲゲの鬼太郎」のカラーイラスト等でも、他の敵妖怪に比べて描かれている割合が多い。
匿名利用者