「Athlon 64」の版間の差分

Athlon 64の最初の製品はClawHammerの2800+じゃなくて3200+でしたね、俺買ったから覚えてます。
(リダイレクト回避)
(Athlon 64の最初の製品はClawHammerの2800+じゃなくて3200+でしたね、俺買ったから覚えてます。)
 
=== 現状 ===
Athlon 64の利点としては、プロセッサの大胆な性能向上に対して[[チップセット]]の改良を必須としない(従来、チップセットのノースブリッジが持っていた機能のほとんどをプロセッサ側にパッケージングしている為)ので、[[マザーボード]]の種類が豊富で、非常に安価なものから[[ハイエンド]]用のものまで流通している点が挙げられる。また、Athlon 64の最初の製品であるClawHammerの28003200+から一貫してAMD64を搭載している(同系統のK8アーキテクチャの[[Sempron]]では、当初はAMD64を無効化していた)。
 
また、現在では64ビット対応が当たり前となったことから、上位製品である[[AMD Phenom]]及びAthlon X2に合わせ、Athlon 64から'''Athlon'''に改称して販売を継続している。AMD64が非搭載になったわけではない。
匿名利用者