「WWFインターナショナル・ヘビー級王座」の版間の差分

m
 
== 概要 ==
もともとは1940 - [[1950年代]]に、[[アントニオ・ロッカ]]が奪取し保持していた王座といわれるが、詳細は不明である。1982年8月30日、[[マディソン・スクエア・ガーデン]]にて、当時の王者だった[[ジノ・ブリット]]に藤波辰巳が挑戦し奪取。当時の実況担当だった[[古舘伊知郎]]は、かつて藤波が長年保持した'''[[WWFジュニアヘビー級王座|WWF(WWWF世界)ジュニアヘビー級王座]]'''が、初代王者の[[ジョー・ディファジオ]]に因み「ディファジオ・メモリアル」と呼ばれたのに倣ってか、この王座を「藤波が掘り当てた『ロッカ・メモリアル』」と称していた。
 
折から、長年地味な存在に甘んじていた[[長州力]]が、[[メキシコ]]遠征で[[UWA]]世界ヘビー級王座を奪取したのをきっかけに「俺もヘビー級の王者だ」と主張、藤波と袂を分かつことを宣言する。翌1983年、長州は2度目の藤波への挑戦で遂に王座を奪取、「名勝負数え歌」といわれた以降の二人の抗争は同王座を中心に回る形となり、長州戴冠後の二人の一騎打ちにおいては、実に5度もこの王座が賭けられた<!-- http://www.twc-wrestle.com/jyoho9709.html -->。
1,708

回編集