「ステップ (パソコンショップ)」の版間の差分

編集の要約なし
{{基礎情報 会社
|社名= 株式会社ステップ
|英文社名=
|ロゴ=
|種類=[[株式会社]]
|市場情報=[[倒産]]
|略称=
|国籍={{JPN}}
|郵便番号=272-0133
|本社所在地=[[千葉県]][[市川市]]行徳駅前4-7-10
|電話番号=
|設立=[[1980年]](創業:[[1979年]])
|業種=小売業
|統一金融機関コード=
|SWIFTコード=
|事業内容=家電製品小売
|代表者=寺田由雄
|資本金=20億9000万円
|発行済株式総数=
|売上高=165億円(1996年2月期)
|営業利益=
|純利益=
|純資産=
|総資産=
|従業員数=90名
|決算期=2月
|主要株主=
|主要子会社=
|関係する人物=
|外部リンク=
|特記事項=[[1996年]][[9月20日]]、[[和議]]申請
}}
 
'''株式会社ステップ'''はかつて存在した[[パソコンショップ]]。パソコン以外にも、ビデオデッキ等の家電製品も扱っていた。[[千葉県]][[市川市]]を本拠地とし、東京の[[秋葉原]]や大阪の[[日本橋 (大阪府) |日本橋]]にも出店していた。「'''5つのNO!'''」を掲げ低価格戦略で事業を拡大させたが、[[1996年]]9月に倒産した。
 
== 概要 ==
ステップは[[1979年]]に寺田由雄が千葉県市川市[[行徳]]で創業し、翌年に法人化。[[倉庫]]のような店舗に在庫が積まれ、小さな商品は客がレジに直接持って行き、大きな商品は型番を伝えるという販売スタイルであった。店舗販売のほか雑誌広告による通信販売も行っていた。
 
後述の「5つのNO!」を掲げ、運営コストを徹底的に削減することで低価格を実現、大量販売で成長する。その後秋葉原や日本橋にも進出し、ピーク時の1994年2月期には265億円を売り上げものの、薄利多売行き過ぎて、この時ですら4300万円の欠損を計上していた。さらに、パソコンの低価格競争やの下落と他店との価格競争激化でにより収益が低下する悪化し、翌1997年2月期には170億円と売上が大幅に減少した
 
これらの打開策として秋葉原に「ステップPC工房」を開店。ジュエリー用のショーケースにPCパーツが陳列され、落ち着いた雰囲気の中で自作パーツの購入や好きな組み合わせでのパソコンオーダーができる店舗であった。さらに、特徴であった「5つのNO!」を廃止し、サービス向上と合理化を進めたが、1996年2月期で165億円とさらに売上が減少、最終的に資金繰りに行返す詰まり、1996年9月20日は至らなかっ[[千葉地方裁判所|千葉地裁]]に和議を申請し倒産し。負債は70億円<ref>[http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/960925/step.htm ステップ、千葉地裁に和議を申請] PC Watch</ref>
 
最終的に資金繰りに行き詰まり、1996年9月に[[千葉地方裁判所|千葉地裁]]に和議を申請し倒産した。負債は70億円<ref>[http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/960925/step.htm ステップ、千葉地裁に和議を申請] PC Watch</ref>。
 
== 5つのNO! ==
「5つのNO!」とは、商品を「説明しない」「運ばない」「展示しない」「交換しない」「解約・無料サービスしない」の5つを行わないと意味ことで、[[コスト]]を削るための手段であった。店内にもこの[[キャッチコピー|キャッチフレーズ]]が掲出されていた。
 
この代わりに店頭で毎週更新する価格表を配布しており、客はこの価格表を見ながら注文する営業形態であった。秋葉原進出後は他店もステップの価格を参考にするようになり、一時は秋葉原での価格形成に影響を及ぼしていた。
{{脚注ヘルプ}}
<div class="references-small"><references /></div>
 
== 参考文献 ==
* [[東京商工リサーチ]] TSR情報 1996年9月26日号 7面
 
== 関連項目 ==