「ジーン・バッキー」の版間の差分

編集の要約なし
|プロ入り年度 =
|ドラフト順位 =
|初出場 = 1962年8月9日
|最終出場 = 1969年7月3日
|年俸 =
|経歴 = <nowiki></nowiki>
|選出方法 =
}}
'''ジーン・バッキー'''('''Gene Martin Bacque''', [[1937年]][[8月12日]] - )は、[[アメリカ合衆国]]出身の元[[プロ野球選手]]([[投手]])。
 
[[阪神ファン]]の間で過去の最も偉大な外国人選手を語る際に、「'''投のバッキー、打の[[ランディ・バース|バース]]'''」と投手陣の筆頭で名前が挙げられる存在である。
 
== 経歴 ==
アメリカ・[[ルイジアナ州]][[ラファイエット (ルイジアナ州)|ラファイエット]]に生まれる。サウスウエスト大学卒業後、[[マイナーリーグ]]・3Aの[[:en:Hawaii Islanders|ハワイ・アイランダーズ]](現在は解散)に在籍していたが、解雇されかかっていたところを、当時[[スポーツニッポン]]の記者で、阪神の[[藤本定義]]監督からの要請で調査に当たっていた[[有本義明]]の目に留まり、{{by|1962年}}8月に入団テストを受けて合格し入団した。入団テストを受けた時のバッキーは球速はあってもコントロールがむちゃくちゃであったが、「磨けば光るかもしれない」という藤本監督の意向<ref name="60年史P94">週刊ベースボール別冊[陽春号]『阪神タイガース60年史』、ベースボール・マガジン社、94ページ。</ref>で入団が決まった。背番号は'''4'''であった。
 
阪神入団当初はコントロールが悪かったが、{{by|1964年}}新任に投手コーチの[[杉下茂]]投手コーチによる猛烈なトレーニングで下半身を鍛えられ、さらに[[小山正明]]の[[スライダー (球種)|スライダー]]を研究することで制球力をつけた。上手、横手からの変幻自在な投法と得意の[[ナックルボール]]を決め球として先発投手の仲間入りをし、小山がトレードで抜けた後[[村山実]]とともに二枚看板のエースとして活躍した。
 
1964年には、29勝9敗、[[防御率]]1.89の好成績を挙げ、[[最多勝利]]、[[最優秀防御率]]のタイトルを獲得し、[[沢村栄治賞|沢村賞]]に選ばれた。外国人選手が沢村賞を受賞するのはこれが史上初めてで、尚且つ2011年現在において唯一の例であるだった。バッキーの活躍でこの年の阪神は[[セントラル・リーグ]]の優勝を果たした。[[1964年の日本シリーズ|同年の日本シリーズ]]では[[福岡ソフトバンクホークス|南海ホークス]]と対戦、第6戦でエースの[[ジョー・スタンカ]]と投げ合ったが0-4で敗れた。
 
翌{{by|1965年}}6月28日には[[読売ジャイアンツ]]相手に[[ノーヒットノーラン]]を記録した。{{by|1968年}}まで5年連続で2桁勝利を続けていたが、同年9月18日の対巨人戦で、自身が投球した[[王貞治]]への危険球を巡って発生した騒動において、巨人の[[荒川博]]コーチと乱闘した際に右手の親指を骨折<ref>[[バッキーhttp://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_08september/KFullNormal20080915182.html 「先に手を出したのはアイツだ!」大川事件]れGT戦第3R]</ref>。このケガからの復活を目指し、翌{{by|1969年}}近鉄に移籍したが、球威は戻らず0勝7敗の勝ち星なしに終わり、スタンカと並んでいた外国人投手の通算勝利記録を更新できずに、同年現役を引退した<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_10august/KFullNormal20100801252.html これが最後とは夢にも思わず…バッキー2人目の100勝達成]</ref>
 
引退後は高校の教師をつとめ、のち牧場経営に携わっている。引退後もOB戦や仕事の関係でたびたび来日している。王や荒川とも遺恨はなく、ともにセ・リーグで戦ったライバル同士として非常に仲がよい。
|-
|style="text-align:center;"|{{by2|1967}}
|38||31||'''19'''||2||'''3'''||18||12||--||--||.600||1038||258.1||196||11||73||4||'''16'''||141||2||0||79||66||2.30||1.04
|-
|style="text-align:center;"|{{by2|1968}}
|-
|style="text-align:center;"|{{by2|1969}}
|rowspan="1" style="text-align: center;"|[[大阪近鉄バファローズ|近鉄]]
|12||10||2||0||0||0||7||--||--||.000||239||55.1||54||5||16||2||5||26||4||0||27||20||3.27||1.27
|-
 
=== 記録 ===
* 初登板:1962年8月9日、対[[東京ヤクルトスワローズ|国鉄スワローズ]]21回戦([[東京スタジアム (野球場)|東京スタジアム]])
* [[ノーヒットノーラン]]:1回(1965年6月28日、対読売ジャイアンツ戦、阪神甲子園球場) ※史上32人目
* 初勝利:1963年6月2日、対[[中日ドラゴンズ]]7回戦([[阪神甲子園球場]])
* 100勝:1968年8月27日、対[[広島東洋カープ]]20回戦([[広島市民球場 (初代)|広島市民球場]])
* [[ノーヒットノーラン]]:1回(1965年6月28日、対読売ジャイアンツ11回戦、阪神甲子園球場)  ※史上32人目
* [[オールスターゲーム (日本プロ野球)|オールスターゲーム]]出場:5回 (1964年 - 1968年)
 
=== 背番号 ===
* '''4''' (1962年 - 1969年)
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
== 外部リンク ==
* 選手の通算成績と情報 [http://www.baseball-reference.com/minors/player.cgi?id=bacque001gen Baseball-Reference]
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
 
{{Navboxes|title=業績
}}
 
{{DEFAULTSORT:はつきん}}
[[Category:アメリカ合衆国の野球選手]]
[[Category:阪神タイガース及びその前身球団の選手]]
[[Category:大阪近鉄バファローズ及びその前身球団の選手]]
[[Category:最多勝利 (NPB)]]
[[Category:最優秀防御率 (NPB)]]
[[Category:フランス系アメリカ人]]
[[Category:ルイジアナ州の人物]]
[[Category:1937年生]]
[[Category:存命人物]]
 
[[en:Gene Bacque]]
1,739

回編集