「巻線形三相誘導電動機」の版間の差分

編集の要約なし
 
==構造==
巻線型回転子は、全スロットに絶縁電線を均等に分布させて挿入した巻線の端子は、軸上に設けられた3個のスリップリングに接続され、ブラシを経て外部抵抗に接続できるようになっている。<ref group="脚注" name = "電験">電気主任技術者国家試験問題平成16年度第3種</ref>
 
==速度制御法・始動法==
 
==仕様==
*滑り:トルク一定の負荷を負って回転しているとき、二次抵抗を大きくすると増加する。<ref> group="脚注" name = "気主任技術者国家試問題平成16年度第3種<"/ref>
 
== 脚注 ==
<references group="脚注" />
 
==関連項目==