「LIGHT POOL」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
* 既存の[[T003]](TS003)を基本に再設計・再開発された[[iida]]ブランドの第7弾にあたる音声用端末。デザインは[[坪井浩尚]]が担当している。ただしT003と異なり防水機能は技術的な面で見送られており、当機種には搭載されていない。
* 本機の内蔵コンテンツに関してはサウンドにこだわっており、本機専用のオリジナルサウンド10曲がプリセット。ミュージックキーからワンタッチで再生する音楽に合わせて背面の[[LED]]によるイルミネーションが点灯し、「光」と「音」による癒しの空間を演出する。着信時の点灯パターンは60種類あるほか、毎時0分に光で数字を作る「時報モード」も用意した。なお、本機のイルミネーションの点灯パターンと音楽は映像作家・音楽家の[[高木正勝]]の手によるものとなっている。
* 東芝の携帯電話事業が2010年10月に富士通の子会社である富士通東芝モバイルコミュニケーションズに移管されたため、au向けは本機が最後の<!--純粋な-->東芝製端末となった。なお、au向けの[[T005]](TS005)以降から[[T008]](TS008)までT(TS)機東芝[[フィーチャーフォン]]、およびau向けの[[IS04|REGZA Phone IS04/IS04FV]](TSI04)から[[IS12T|Windows Phone IS12T]](TSI12)までの東芝[[スマートフォン]]は'''富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製TOSHIBAブランド名義'''の端末として存続する事となった。
 
 
匿名利用者