「烏帽子」の版間の差分

 
== 概要 ==
初期は薄い[[絹]]で仕立てたものだったが、のちに黒漆を塗った紙製に変わる。庶民のものは[[麻]]糸を織ったものである。衣装の格式や着装者の身分によっていくつかの種類があり、厳格に使い分けた。正装の際にかぶる[[日本の冠|冠]]より格式が落ち、平安から[[室町時代|室町]]にかけては普段着に合わせて着装した。
 
本来男性用であるが[[白拍子]]など女性が被る場合もある。
匿名利用者