「摩阿姫」の版間の差分

編集の要約なし
'''摩阿姫'''(まあひめ、[[元亀]]3年([[1572年]]) - [[慶長]]10年[[10月13日 (旧暦)|10月13日]] ([[1605年]][[11月23日]]))は、[[安土桃山時代]]から[[江戸時代]]初期の女性。[[前田利家]]の三女、生母はまつ([[芳春院]])とされるが、側室の子ともいわれている。初めは[[豊臣秀吉]]の側室になり、後に[[万里小路充房]]に嫁ぐ。名は摩阿・麻阿。
 
== 出自生涯 ==
摩阿は[[天正]]10年([[1582年]])に[[柴田勝家]]の家臣、[[佐久間十蔵]]と婚約し、[[北ノ庄城]]に入る。ところが、天正11年([[1583年]])の[[賤ヶ岳の戦い]]で、柴田勝家は秀吉に敗れ、十蔵も自害してしまう。摩阿は城外に脱出し、[[前田家]]に戻った。
 
匿名利用者