「錯誤」の版間の差分

編集の要約なし
(構成の仕方を整理)
 
==== 共通錯誤 ====
当事者双方が錯誤に陥っていた場合を'''共通錯誤'''というが、共通錯誤の場合には相手方も錯誤に陥っていたのであり民法95条但書の適用はなく常に無効であ主張しうる(通説)<ref>内田貴著 『民法Ⅰ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2008年4月、76頁</ref><ref>近江幸治著 『民法講義Ⅰ 民法総則 第5版』 成文堂、2005年3月、195頁</ref>。
 
=== 関連項目 ===
839

回編集