「この世の果て」の版間の差分

編集の要約なし
m ({{Otheruses}})
|放送分=54
|放送枠=フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ
|放送期間=[[{{jdate|1994年]]}}[[1月10日]] - [[3月28日]]
|放送回数=12
|放送国={{JPN}}
|外部リンク名=
|特記事項=
}}
{{ドラマ}}
『'''この世の果て'''』は、[[{{jdate|1994年]]}}[[1月10日]]から[[3月28日]]まで[[フジテレビジョン|フジテレビ]]系列[[フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ|月9]]枠で放送された[[テレビドラマ]]。全12回。平均視聴率22.9%、最高視聴率25.3%。全ての回で20%以上の視聴率を記録している。
 
== 概要 ==
都会の絶望の果てで出会った、孤独なホステス砂田まりあと孤独な天才ピアニスト高村士郎の究極の愛を描いた悲劇。オープニングとエンディングは士郎がまりあに語りかける形でナレーションが入る。メインキャスト全員が孤独であり、悲しい過去、心の傷をかかえており、この枠としては珍しい重厚な人間ドラマが描かれている。
 
鈴木保奈美と横山めぐみの初の汚れ役であり、その暗い演技が放送当時話題になった。野島作品の中でも特に暗い作品と言われているが、作品自体の評価は高いとされる{{要出典|date=2011年12月}}
 
{{jdate|1994}}10月21日に、ビデオ全4巻が発売された。DVD化は実現していない。
野島作品の中でも特に暗い作品と言われているが、作品自体の評価は高いとされる。
 
1994年10月21日に、ビデオ全4巻が発売された。DVD化は実現していない。
 
最終回はフジテレビオンエア版が20分延長であったが、ルミと井野が殺害した佐々木を埋めるシーンなど、いくつかの場面がカットされて1時間枠に収められている。現在{{いつ|date=2010年12月}}も地方で再放送される場合は、このカットされたバージョンの最終回が放送されることが多い。
2,165

回編集