「ピカレスク小説」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ka:პიკარესკული რომანი)
他方、主人公の[[悪漢]]が巨悪や猛悪に立ち向かうという構図で描かれる物語の場合、主人公が行う悪の行為は、結局は「[[正義]]のイメージ<ref>この『正義』はあくまで社会的、[[実定法]]的な正義とは一致しない。</ref>」のみを持ち、結末に至っても主人公が生き残るというパターンが、かなりの割合で存在するのも和製ピカレスクの大きな特徴と言える<ref>このパターンの最典型はアニメ版の『[[ルパン三世]]』である。この作品では主人公一味が[[窃盗]]行為を華麗に実行しようとして、その結果として、時に一国や地球的な規模の巨悪までをも粉砕する展開が、ストーリー定型の一つになっている。</ref>。
 
日本の文芸界におけるピカレスクで著名な者には、[[阿佐田哲也]]、[[大藪春彦]]、[[馳星周]]などがいる。
 
ただし、特に馳星周の作品については、小説としてのカタルシスや華麗さを求めず人間の暗部を深く抉る様に描写して行く傾向が色濃く、'''[[暗黒小説]]'''、'''暴力小説'''などと俗称してピカレスクとは別分類として扱う事もある。
1,365

回編集