「1958マイルス」の版間の差分

感想を除去し大幅に改訂
m編集の要約なし
(感想を除去し大幅に改訂)
'''1958マイルス'''(1958 Miles)は、ジャズ・トランペット奏者[[マイルス・デイヴィス]]が、[[1958年]]にかけて録音し、その後[[1979年]]に[[CBSソニー]]から発表したアルバム。
 
== 概要 ==
1958年のセッションを中心としたアルバム。特に1958年のセッションは『[[カインド・オブ・ブルー]]』参加メンバーによるスタジオセッションとなる。これらの楽曲は1958年当時レコーディングこそされたものの結果的にお蔵入りとなり、正式なアルバムに収録されることはなかった。その後10年以上が経過し、1979年にCBSソニーが発表した過去のお蔵入り音源を収録した編集盤『サークル・イン・ザ・ラウンド』や、日本CBSソニー企画編集のLP『マイルス・デイビス・クインテット&セクステット』([[1973年]])などでようやく陽の目を見ることとなったが、これらは1曲単位で断片的に収録されていたため、1958年の一連のセッションの音源を網羅するには複数のアルバムを聴く必要があった。それを集約したのが日本編集の本作で、これまで様々なアルバムに散在していた楽曲を同時期のセッション単位で収録しているため、オムニバス作品でありながら一つの単独アルバムの趣を持った作品となっている。
1958年のセッションを中心としたアルバム。特に1958年のセッションは[[カインド・オブ・ブルー]]参加メンバーによるスタジオセッションとなる。
 
== 収録曲 ==
本作はレコーディングされてから、長い間日の目を見ることなく、お蔵入りしていたセッションを1979年に日本企画盤として1枚のアルバムに仕上げたのである。なお、このころのマイルスは長期休養中であり、また長期休養前の演奏スタイル(電化+ファンク+ロック等の融合体)からはかけ離れたスタイルの演奏である。よって本作はマイルスの作品群においては比較的地味であり、今日においてはなかなか話題に挙がらない作品ともなっている。
A面曲全てとB面の「ラヴ・フォー・セール」、さらにCD盤追加収録の「フラン・ダンス」の別テイクは1958年5月26日のセッション、B面の「リトル・メロネー」は『[[ラウンド・アバウト・ミッドナイト]]』と同時期の1955年10月26日のセッション、CD盤追加収録の「リトル・メロネー」の別テイクは『マイルストーンズ』と同時期の1958年3月4日のセッションのもので、それぞれ演奏メンバーが異なる。当初「リトル・メロネー」は1955年の録音にマイルスが自分のソロ部分のみ吹き直して1958年に再録音したものと思われていたが、その後全くの別録音という事実が判明し、現行のCDでは1958年の別テイクと併せて収録されている。なお、1955年録音の「リトル・メロネー」のみモノラル録音。
 
*A面
== 本アルバムの内容 ==
#オン・グリーン・ドルフィン・ストリート - On Green Dolphin Street <small>([[ブロニスロー・ケイパー|Kaper]], [[ネッド・ワシントン|Washington]])</small>
特に傾聴に値する、1958年に演奏された曲目はスタンダード3曲、マイルス作1曲(妻フランシスに捧げたフランダンス)であり曲目も演奏も比較的落ち着いたくつろぎの有るセッション内容となっている。演奏は味わい深く、且つ聞き手を選ばない優秀盤でもある。
#フラン・ダンス - Fran-Dance <small>([[マイルス・デイヴィス|Davis]])</small>
#星影のステラ - Stella By Starlight <small>([[ヴィクター・ヤング|Young]], Washington)</small>
 
*B面
また、1958年はカインドオフブルーをレコーディングする前年であり、マイルスがハードバップからモードジャズへと本格移行する間の貴重なスタジオ音源である。(なお、モードへのアプローチは同じく1958年にレコーディングされたマイルスストーンにて行われている)
#ラヴ・フォー・セール - Love For Sale <small>([[コール・ポーター|Porter]])</small>
#リトル・メロネー - Little Melonae <small>([[ジャッキー・マクリーン|Mclean]])</small>
 
*CD盤追加収録
== 1958年にレコーディングされた作品との比較==
**リトル・メロネー - Little Melonae(別テイク)
本作と同様のメンバーにて1958年はライブ版2作(アットニューポート1958、アットザプラザVol.1)がリリースされているが、ライブ盤ということも有り、本作とはアルバム全体の雰囲気が異なる。共に味わい深く、傾聴に値する作品であるが、マイルスの繊細さ、リリシズムを感じ取るには本作が一番と思われる。
**フラン・ダンス - Fran-Dance(別テイク)
 
== 演奏メンバー ==
*[[マイルス・デイヴィス]] - [[トランペット]]
*[[ジョン・コルトレーン]] - [[サクソフォーン|テナー・サックス]]
*[[キャノンボール・アダレイ]] - [[サクソフォーン|アルト・サックス]]
*[[ビル・エヴァンス]] - [[ピアノ]]
*[[レッド・ガーランド]] - ピアノ
*[[ポール・チェンバース]] - [[ウッドベース|ベース]]
*[[ジミー・コブ]] - [[ドラムス]]
*[[フィリー・ジョー・ジョーンズ]] - ドラムス
 
== その他エピソード ==
アルバムのジャケットは日本人の[[池田満寿夫]]によりデザインされており、この時期にレコーディングされ発売された作品群とは異なる仕上がりとなっている。デザインは秀逸であり、本作のルーツを語る上でも外せない要素であろう
なお、このころマイルスは付き合っていたフランシステイラーと再び生活を共にするようになり1958年の出来事で最も重要な出来事であったようである。このことは自身の自叙伝にも書かれており、同曲はフランシスに捧げた曲として1958年近辺のライブでは頻繁に演奏されているようである。
 
本アルバムのジャケットは日本人の池田満寿夫によりデザインされており、この時期にレコーディングされ発売された作品群とは異なる仕上がりとなっている。デザインは秀逸であり、本作のルーツを語る上でも外せない要素であろう。
 
{{Album-stub}}
205

回編集