「解析幾何学」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.2) (ロボットによる 追加: hi:वैश्‍लेषिक ज्यामिति)
|series=[[岩波新書]]
|pages=p. 44
}}</ref>、図形のもつ性質を座標のあいだにあらわれる関係式として特徴づけたり<ref name="nyumon"/>、[[代数学|代数]]的に図形を操作したりする幾何学のことである。平面解析幾何と立体解析幾何にわかれている。
==歴史==
解析幾何学は、基礎概念である「座標」の概念の登場に始まる。座標の考え方は[[ルネ・デカルト]]の著書『方法序説』において初めて登場し、[[ゴットフリート・ライプニッツ]]以降に明確に用いられることとなる。
匿名利用者