「小林完吾」の版間の差分

編集の要約なし
(長女の学歴に誤りがあるので修正した)
|備考=
}}
 
'''小林 完吾'''('''こばやし かんご'''、[[1932年]][[4月27日]] - )は、[[日本]]の[[フリーアナウンサー]]。[[神奈川県]][[鎌倉市]]出身。
 
小学生の時、いじめにあったことから[[不登校|登校拒否]]となる。
 
高校は、名門といわれる[[神奈川県立湘南高等学校|湘南高校]]に入学したが、勉強について行けず、すぐに登校しなくなった。その代わり、飲み屋をうろつき回る、喧嘩をするなどの[[不良行為少年|不良]]行為を行っていた。また、在学中に[[江藤淳]]や[[辛島昇]]、[[吉野壮児]]らと友人となった。
 
[[米軍]]キャンプでのアルバイト中に上司から叱責を受けたのがきっかけとなり、再起のため湘南高校の定時制課程に入学した。
 
== エピソード ==
* 1983年、キャスターを務めていた『NNNきょうの出来事』の生放送中、小林自身が[[くしゃみ]]をしてしまったことがある。
* 日本テレビ在職中、局舎の近所にある[[大野屋 (酒店)|大野屋酒店]]で商品を購入する際にも解説をしながら購入していた。
* [[埼玉県]][[入間市]]在住ということもあってか[[埼玉西武ライオンズ]]のファンであり、「読売巨人軍」の日テレ在籍時代は周囲から浮いた存在だったと後に発言している。
* ダウン症の長男の誕生と死は小林一家にとって非常に重要な体験となった。長女は[[埼玉県立豊岡高等学校]]から[[跡見学園短期大学]]を卒業し、会社員として過ごしていたが、一念発起し医療の道を志し、[[北里大学]]医療衛生学部に[[入学]]。言語療法士(現在の[[言語聴覚士]])の資格を取得し、小林を驚かせたという。その後[[横浜市立大学附属市民総合医療センター]]に勤務し、患者の治療とカウンセリングに当たった(現在同センターは退職し別の施設に勤務)。長女が長男の死と家族の体験を医療に役立てたいという一家の夢を叶えたことは小林にとっても喜びであったらしく、講演等で度々話題にしている。
* [[洋画家]]の[[小林萬吾]]は祖父である。また、元[[九州朝日放送]]アナウンサーで現在の福岡市長である[[高島宗一郎]]の親戚である。
 
== 過去の出演番組 ==
* ヴィックスドロップ(旧・[[プロクター・アンド・ギャンブル|P&G]]・[[日本ヴィックス]]、[[吉村作治]]とCM出演)
* [[信金中央金庫|信用金庫・全信連]]
 
== 関連項目 ==
* [[神奈川県出身の人物一覧]]
* [[東京シャッフル]] - [[プロモーションビデオ]]の冒頭で、[[ニュースキャスター]]扮する[[桑田佳祐]]が小林の[[物真似]]を行っている
 
{{先代次代|平日夕方の[[NNNニュース]]<br>男性メインキャスター|(1983年~[[1984年]])<br>「NNN JUST NEWS」|[[福富達]]/[[國弘正雄]]<br>※「[[NNN JUST NEWS]]」|[[久保晴生]]<br>※「[[NNN6:30きょうのニュース]]」}}
[[Category:神奈川県出身の人物]]
[[Category:存命人物]]
 
[[zh:小林完吾]]
匿名利用者