「中村真人 (野球)」の版間の差分

 
前述の同じ育成選手出身である[[内村賢介]]とは、2008年は[[野球の背番号|背番号]]'''98'''、'''99'''として1・2番コンビを組んでいた。背番号99を希望している[[中村紀洋]]加入後に背番号が変更されたが、2009年シーズンより中村の背番号が'''00'''、内村の背番号が'''0'''となることが決定され、結果的に背番号連番のコンビは保たれた。
 
ニックネームである「マメ」の由来は、ワールドカップ日本代表でチームメイトだった[[草野大輔]](当時[[ホンダ硬式野球部|ホンダ技研熊本]]所属)からちょこまかと動き回る中村の様子を見て、「'''豆粒が動いているようにしか見えない'''」と言われたのがきっかけである。本人曰く当初は「代表チーム限定」との事であったが、後に楽天でチームメイトとなった草野と再会した事から、再び定着したという<ref>『週刊ベースボール』2012年2月24日増刊号、p.46より</ref>。
 
チーム内ではいじられ[[キャラ (コミュニケーション)|キャラ]]である<ref name="hochi20111225"/>。
匿名利用者