「ミネラル」の版間の差分

編集の要約なし
栄養学において'''ミネラル'''(mineral)は、一般的な[[有機物]]に含まれる[[元素]]([[炭素]]・[[水素]]・[[窒素]]・[[酸素]])以外に、生体にとって欠かせない元素のことを指す。'''無機質'''ともいう。[[糖質]]、[[脂質]]、[[蛋白質]]、[[ビタミン]]と並び五大[[栄養素]]の一つとして数えられる。
 
動物の種類や性別、成長段階によって必要な種類や量は異なる。またすべての要素は適度な量を摂る事が良く、欠乏症だけでなく過剰摂取起こしうる病気で、ただ「多めに摂ればよい」原因いうのでは
 
なお、日本においては[[厚生労働省]]によって 12 成分([[亜鉛]]・[[カリウム]]・[[カルシウム]]・[[クロム]]・[[セレン]]・[[鉄]]・[[銅]]・[[ナトリウム]]・[[マグネシウム]]・[[マンガン]]・[[ヨウ素]]・[[リン]])が示されており<ref>健康増進法施行規則(平成十五年四月三十日厚生労働省令第八十六号)第十一条 [http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H15/H15F19001000086.html]</ref>、食品の栄養表示基準となっている<ref>食品に栄養表示するときは・・・(事業者向けパンフレット)[http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/anzen/hoei/hoei_016/hoei_16b.html]</ref>。
 
==代表的なミネラル==
 12成分の主要元素
*[[ナトリウム]]
*[[マグネシウム]]
*[[セレン]]
*[[ヨウ素]]
 
 
 12成分以外の微量元素
12

回編集