「西武池袋線」の版間の差分

料金不要の列車では最速達の列車であり、平日と土曜・休日とでは色合いに大きな違いがみられる。すなわち、平日は朝ラッシュ時と昼間を中心に池袋 - 飯能間で運転され、特急の補完的な役割をする。土曜・休日は朝に池袋発西武秩父行き及び秩父鉄道直通の[[長瀞駅|長瀞]]・[[三峰口駅|三峰口]]行き下り列車が、夕方には上り列車が多く運転されるなど、行楽色を強くみせている。長瀞・三峰口発着列車は[[横瀬駅]]で分割・併合を行うが、長瀞発着の列車は[[西武秩父駅]]を通らず、[[御花畑駅]]に停車する。
 
車両は、平日の池袋 - 飯能間は[[西武2000系電車|新2000系]]や[[西武9000系電車|9000系]]、[[西武101系電車#新101系・301系|新101系]]などの通勤車両が使用され、土曜・休日の西武秩父行きには新2000系や[[西武20000系電車|20000系]]・[[西武30000系電車|30000系]]の8両編成、秩父鉄道直通列車には[[西武4000系電車|4000系]]が使用される。なお、平日の日中にも車両運用の関係で8両編成で運転される列車が存在する。
 
英文種別表記は「RAPID EXP.」である。また、2008年6月14日のダイヤ改正に備えて新101系・新2000系・[[西武6000系電車|6000系]]・9000系・20000系・30000系の通勤車両全系式で、字幕式行先表示機の交換やLED式行先表示機のロム書き換えが実施された。旧字幕では「快速」が水色地に白文字、「急行」が赤色地に白文字となっているが、新字幕ならびにフルカラーLED表示機では紫色地に白文字での表記、3色LEDでは無点灯の地に赤文字での表記となっている。また、LED表示機などで表示できるスペースが限られるとき、「快急」と略される。
匿名利用者