「中点連結定理」の版間の差分

編集の要約なし
'''中点連結定理'''(ちゅうてんれんけつていり)とは、[[平面幾何]]の[[定理]]の1つである。
 
''[[三角形]]ABCにおいて、辺AB、ACの中点をそれぞれM、Nとおくとき、2MN=BC かつ MN//BCは[[平行]] となる''
==証明==
 
匿名利用者