「尚樹啓太郎」の版間の差分

編集の要約なし
'''尚樹啓太郎'''(しょうじゅ けいたろう、[[1927年]] - )は、[[西洋史]]学者、[[東海大学]]名誉教授。
[[東京大学]][[西洋史学]]科卒。東海大学助教授、[[教授]]。文学部長を務め、96年[[定年]]退任、名誉教授。[[東ローマ帝国]]史を専門とした。
 
==著書==
*教会堂の成立 キリスト教世界の歴史的記念碑序説 [[東海大学出版会]] 1968 東海大学文明研究所シリーズ
*[[カテドラル]]のある風景 東海大学出版会 1982.10
*[[コンスタンティノープル]]を歩く 東海大学出版会 1988.7
*ビザンツ東方の旅 トルコ・アルメニア・シリア・イスラエル・エジプト・キプロス 東海大学出版会 1993.10
*[[東ローマ帝国|ビザンツ帝国]]史 東海大学出版会 1999.2
*ビザンツ帝国の政治制度 東海大学出版会 2005.5
 
 
==翻訳==
*文学にあらわれた[[ゲルマン人の大移動|ゲルマン大侵入]] 第3版 ピエール・クルセル 東海大学出版会 1974
*フランス その人々の歴史 1-2 ピエール・ミルザほか [[帝国書院]] 1980.9 全訳世界の歴史教科書シリーズ
*フランス その人々の歴史 3-4 ピエール・ミルザほか [[里見元一郎]]、福田素子共訳 帝国書院 1980
 
{{デフォルトソート:しようしゆ けいたろう}}
[[Category:西洋史学者]]
[[Category:日本の歴史学者]]
[[Category:古代ローマ史の歴史学者]]
37,316

回編集