「銀座」の版間の差分

名前は[[江戸時代]]初期の[[1612年]]に、[[駿府]]([[静岡市|静岡]])から[[江戸]]([[東京]])に移転して来た[[銀貨]]鋳造所(銀座役所といった)に因む。当時から両替商が店を出し発展していった。尚、当初銀座が置かれた地区は静岡市[[葵区]][[両替]]町である。
 
[[明治時代]]になると正式に'''銀座'''が地名となった。煉瓦街やガス灯が設置され、[[文明開化]]を象徴する街へと整備された。[[1877年]]([[明治]]10年)に[[ヤナギ|]]の並木が整備されたことから、現在でも町の木は柳となっている。この歴史から、銀座は、俗にある物事が密集している地域(最多地区)の代名詞ともなっている(例:台風銀座、電波銀座)。
 
[[1923年]]9月に発生した[[関東大震災]]のあとの復興事業で繁華街へと変化した。全国各地に「○○銀座」と名付けられた[[商店街]]もできていった。なお、いわゆる「○○銀座」を最初に名乗ったのは[[東京都]][[品川区]]にある[[戸越銀座]]商店街といわれている。
匿名利用者