「ジェームズ・フィッツジェームズ (初代ベリック公)」の版間の差分

編集の要約なし
'''ジェームズ・フィッツジェームズ'''または'''ジャック・フィツ=ジャメ・ド・ベリック'''([[英語]]:'''James FitzJames, 1st Duke of Berwick''', [[フランス語]]:'''Jacques Fitz-James de Berwick''', [[1670年]][[8月21日]] - [[1734年]][[6月12日]])は、[[フランス王国|フランス]]の軍人でフランス陸軍元帥([[:fr:Maréchal de France|fr]])を務めた。
 
[[イングランド王国|イングランド]]王族である[[ヨーク公]]ジェームズ(後のイングランド王[[ジェームズ2世 (イングランド王)|ジェームズ2世]])と愛妾[[アラベラ・チャーチル]]の第2子として[[ムーラン]]で誕生した。異母姉に[[メアリー2世 (イングランド女王)|メアリー2世]]、[[アン (イギリス女王)|アン]]、異母弟に[[ジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアート|ジェームズ・フランシス・エドワード]]、異母妹に[[ルイーザ・マリア・テレーザ・ステュアート|ルイーザ・マリア・テレーザ]]がいる。[[マールバラ公]][[ジョン・チャーチル (初代マールバラ公)|ジョン・チャーチル]]は母方の叔父に当たる。
 
== 生涯 ==
[[カトリック教会|カトリック]]教徒として育てられたジェームズは、神学校で教育を受けた後、軍人の道を選んだ。[[1686年]]に行われた[[ロレーヌ公]][[シャルル5世 (ロレーヌ公)|シャルル5世]]指揮下で[[大トルコ戦争]]に従軍、[[1686年]]の[[ハンガリー王国|ハンガリー]]の都市[[ブダ]]包囲戦に参加した後イングランドへ帰国、翌[[1687年]]、父によってベリック公、ティンマス伯、ボズワース男爵(全て[[スコットランド]]の地名にちなむ)を授爵された。同年にハンガリーへ戻り、[[モハーチの戦い (1687年)|モハーチの戦い]]に参加した。再びイングランドへ帰国すると[[ポーツマス (イングランド)|ポーツマス]]知事及び[[ガーター勲章|ガーター騎士]]にされたが、[[1688年]]の[[名誉革命]]で父と共にその地位を追われた。
 
大陸へ逃れた後は父と共に[[ウィリアマイト戦争]]や[[ボイン川の戦い]]で[[ジャコバイト]]を指揮したが敗退している。最終的にフランスへ亡命しフランス軍人となり、[[大同盟戦争]]に従軍した。[[1693年]]の[[ネールウィンデンの戦い (1693年)|ネールウィンデンの戦い]]でイングランド側の捕虜となり、フランス側捕虜となったイングランドの将軍オーモンド公[[ジェームズ・バトラー (第2代オーモンド公)|ジェームズ・バトラー]]との捕虜交換で解放された。
 
軍人としてベリック公は高い能力、勇気、高潔さゆえに尊敬された。[[スペイン継承戦争]]では[[南ネーデルラント]]戦線に加わり[[1702年]]に[[ルイ・フランソワ・ド・ブーフレール|ブーフレール]]、[[1703年]]に[[フランソワ・ド・ヌフヴィル (ヴィルロワ公)|ヴィルロワ公]]の下で従軍、翌[[1704年]]2月には指揮権を与えられ[[スペイン]]に向かい、同盟側の[[ポルトガル王国|ポルトガル]]に攻め入り同盟軍の侵攻を阻止した。しかし、同盟軍に奪われた[[ジブラルタル]]奪還を主張したスペイン王[[フェリペ5世 (スペイン王)|フェリペ5世]]の要請を無視したため、フェリペ5世の祖父でフランス王[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]の命令でフランスへ召還、[[カミザールの乱]]鎮圧に回され[[1705年]]10月に[[イタリア]]方面に派遣された。
匿名利用者