「フィリップ1世 (オルレアン公)」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.3) (ロボットによる 変更: ca:Felip IV de Valois)
フィリップは特に[[フィリップ・ド・ロレーヌ]]や甥のヴェルマンドワ伯[[ルイ・ド・ブルボン (ヴェルマンドワ伯)|ルイ・ド・ブルボン]](兄の庶子)など男性の寵臣を愛したことで知られる。イングランドとの友好を保つため一時フィリップは流刑となったが、[[1670年]][[6月30日]]にアンリエットが突如死去すると(暗殺説もある)、フィリップを呼び戻すという条件でプファルツ選帝侯女エリザベート・シャルロット(愛称:リーゼロッテ)と再婚する。しかしその後も女装と賭博を好み、男性達と華麗な生活を繰り広げた。リーゼロッテとも疎遠となり、度々取り巻き達によるリーゼロッテへの嫌がらせを止めようともせず、取り巻きにそそのかされリーゼロッテを侮辱することもあった。その様子は妃リーゼロッテがヨーロッパ中の宮廷の親戚、知人に宛てて日々書き連ねた6万通の膨大な手紙に残されている。
 
そんなフィリップは[[1676年]]、兄に従い[[オランダ侵略戦争]]に参戦した。フランス軍を率いて[[南ネーデルラント|スペイン領ネーデルラント]]戦線で[[ネーデルラント連邦共和国|オランダ]]軍と戦い、[[1677年]]の[[カッセルの戦い (1677年)|カッセルの戦い]]で勝利を飾りパリに凱旋した。この手柄はフィリップではなく補佐役の[[フランソワ・アンリ・ド・モンモランシー (リュクサンブール公)|リュクサンブール公]]と[[ルイ・ド・クルヴァン (ユミエール公)|ユミエール公]]が尽力した結果であったが、フィリップの勝利は兄を喜ばせた一方で嫉妬心も抱かれ、以後は指揮権を与えられず戦場に出されなくなった。帰国後は宮廷で重要視されることもなく趣味に熱中していたが、晩年は鬱病で無気力となり、取り巻き達を遠ざけリーゼロッテと仲直りするようになった。
 
1701年6月9日、[[サン=クルー]]で[[脳卒中]]により60歳で死亡した。死の前日、[[スペイン継承戦争]]に参戦する王族の顔ぶれについて兄と口論になり、甥で兄の2人の庶子メーヌ公[[ルイ・オーギュスト・ド・ブルボン|ルイ・オーギュスト]]とトゥールーズ伯[[ルイ・アレクサンドル・ド・ブルボン (トゥールーズ伯)|ルイ・アレクサンドル]]兄弟が許されていたのに対し、息子のシャルトル公[[フィリップ2世 (オルレアン公)|フィリップ2世]]が参戦を拒否されていたことを不満として兄と怒鳴りあい、直後の食事中に昏倒したことが原因ではないかとされている。フィリップ2世はオルレアン公位を受け継ぎ、[[1706年]]に許可が下りてスペイン継承戦争に参戦することになる<ref>戸張、P171 - P177、宮本、P113 - P114、P126 - P132、P219 - P221、P238、友清、P206 - P210。</ref>。
匿名利用者