「川口晴美」の版間の差分

編集の要約なし
'''川口 晴美'''(かわぐち はるみ、[[1962年]]-)は日本の[[詩人]]。「[[歴程]]」同人。
 
[[福井県]][[小浜市]]の海辺の町で育ち、大学生の頃から詩を書きはじめた。[[早稲田大学]]第一文学部文芸専攻卒業。大学在学中に[[鈴木志郎康]]の講義を受けて詩を書き始め、[[1985年]]に第1詩集『水姫』を出版。[[商社]]の[[為替]]ディーリング室に[[OL]]として7年3ヶ月勤めたあと、現在は[[詩集]]を上梓したり、[[現代美術]]と[[詩]]の[[コラボレーション]]展を開催するなど幅広く活躍中。いくつかの[[アンソロジー]]に詩が収録され、[[イタリア語]]や[[韓国語]]に翻訳された詩もある。[[東京造形大学]]非常勤教員。
 
[[2010年]]、『半島の地図』で第10回[[山本健吉文学賞]]受賞。
8,141

回編集