「象嵌」の版間の差分

m
リンク追加
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ca:Damasquinat)
m (リンク追加)
京象嵌として有名な布目象嵌を例として挙げる。
 
#まず[[鉄]]、[[真鍮]]、[[四分一 (合金) | 四分一]](銀と銅の合金)生地(主に鉄)の表面を専用の鏨で布目模様の溝を彫る。
#次に薄く延ばし型取りした純金や青金、純銀の板・線をそのくぼみに金槌を使いながら埋め込む。
#表面の微細な段差をなくし、滑らかに加工するために、漆を塗り、焼きをいれた後に研ぐ。この工程は数回繰り返される。
1,904

回編集