「ジョージ・マンク (初代アルベマール公)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[Image:George Monck 1st Duke of Albemarle Studio of Lely.jpg|thumb|right|180px|初代アルベマール公ジョージ・マンク([[ピーター・レリー]]画、1666年)]]
'''初代アルベマール公ジョージ・マンク({{IPA-en|Mʌŋk}}又はモンク'''<ref>{{IPA-en|mūngk}}</ref>''')'''({{lang-en-short|George Monck, 1st Duke of Albemarle}}、{{IPA-en|Mʌŋk}}, [[ガーター勲章|KG]], [[1608年]][[12月6日]] - [[1670年]][[1月3日]])は、[[イングランド王国|イングランド]]の貴族・軍人。[[清教徒革命]]で軍人として出世、[[英蘭戦争]]では海軍の司令官として活躍。[[イングランド共和国]]末期の混乱を収拾して[[王政復古]]を実現させた功によりアルベマール公爵に叙された。
 
初代アルベマール公ジョージ・マンク({{IPA-en|Mʌŋk}}又はモンク{{IPA-en|mūngk}}{{lang-en-short|George Monck, 1st Duke of Albemarle}}、[[ガーター勲章|KG]], [[1608年]][[12月6日]] - [[1670年]][[1月3日]])は、[[イングランド王国|イングランド]]の貴族・軍人。[[清教徒革命]]で軍人として出世、[[英蘭戦争]]では海軍の司令官として活躍。[[イングランド共和国]]末期の混乱を収拾して[[王政復古]]を実現させた功によりアルベマール公爵に叙された。
 
== 生涯 ==
=== 王党派での経歴 ===
1608年、[[デヴォン|デヴォンシャー]]のマートンでサー・トマス・マンクの次男として生まれた。{{要出典範囲|家庭は困窮していたため|date=2012年9月}}軍に入隊、[[1625年]]の[[バッキンガム公]][[ジョージ・ヴィリアーズ (初代バッキンガム公)|ジョージ・ヴィリアーズ]]による[[スペイン]]の[[カディス]]遠征を始め、[[1627年]]の対[[フランス王国|フランス]]戦争にも従軍して[[ラ・ロシェル包囲戦]]における[[ユグノー]]([[プロテスタント]])救援のため[[レ島]]遠征に参戦、[[1629年]]に[[ネーデルラント連邦共和国|オランダ]]軍に加わり[[八十年戦争]]でスペイン軍と戦い統率力を称賛され、[[1637年]]の[[ブレダ (オランダ)|ブレダ]]包囲戦で勇敢に戦い注目された。[[1638年]]に[[ドルトレヒト]]議会と諍いを起こしてイングランドへ帰国。ニューポート連隊中佐の職を得た<!--?<ref>Anonymous</ref>-->。
 
イングランドでは[[チャールズ1世 (イングランド王)|チャールズ1世]]の失政で反乱が頻発、マンクはそれらの反乱鎮圧に駆り出され、[[1639年]]と[[1640年]]に[[スコットランド王国|スコットランド]]で勃発した[[主教戦争]]と[[1641年]]の[[アイルランド同盟戦争]]では、オーモンド公[[ジェームズ・バトラー (初代オーモンド公)|ジェームズ・バトラー]]率いる鎮圧軍隷下の[[レスター卿連隊]](Lord Leicester's regiment)の連隊長として[[アイルランド王国|アイルランド]]へ出兵した<!--<ref>Anonymous</ref>-->。[[ロバート・シドニー (第2代レスター伯)|レスター伯]]はマンクの冷静沈着さを称賛、空席となっていた[[ダブリン]]総督の座をマンクに勧めた。
 
しかし、チャールズ1世はマンクを採用せず別人を任命、マンクに就任を放棄させた。この行為からチャールズ1世に不満を抱くようになり、[[イングランド内戦]]では[[騎士党|王党派]]に属したが、[[1644年]]に王党派の軍が[[円頂党|議会派]]司令官の[[トーマス・フェアファクス]]に[[ナントウィッチの戦い]]で敗れると捕虜となり[[ロンドン塔]]に投獄、2年後の[[1646年]]に釈放され議会派に鞍替えした。
165

回編集