「L-4Sロケット」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|低軌道詳細 = 350km / 約31度
}}
'''L-4Sロケット'''(ラムダ-4エスロケット)は[[東京大学宇宙航空研究所]](以下、東大)が[[日産自動車]]宇宙航空事業部(以下、日産)と共に開発し、日産が製造<ref>{{cite web|url=http://nissan-heritage-collection.com/NEWS/publicContents/index.php?procType=CATEGORY&catID=14|title=NISSAN HERITAGE COLLECTION online【その他】プリンス自動車工業小史|publihser=日産自動車|accessdate=2011-01-31}}</ref>、東大が運用した[[日本]]初の[[人工衛星]]打ち上げ用[[固体燃料]][[ロケット]]。[[1966年]]から[[1970年]]にかけて65度打ち上げられ(1回は試験)、65度目にして日本初の人工衛星「[[おおすみ]]」の打上げに成功した<ref name="EA">{{cite web|url=http://www.astronautix.com/lvs/lambda4s.htm|title=Lambda 4S publisher=[[Encyclopedia Astronautica]]|accessdate=2011-01-31}}</ref>。これによって日本はソ連、アメリカ、フランスに続き、世界で4番目に自国の能力により[[人工衛星#打ち上げ能力を有する国|人工衛星を打ち上げた国]]となった。
 
==概要==