「市川八百蔵 (4代目)」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: '4代目'''市川 八百蔵'''(いちかわ やおぞう、1772年安永1年) - 1844年8月16日弘化1年[[7月3日 (旧暦)|7月3...')
 
4代目'''市川 八百蔵'''(いちかわ やおぞう、[[1772年]]([[安永]]1年) - [[1844年]][[8月16日]]([[弘化]]1年[[7月3日 (旧暦)|7月3日]]))は江戸後期の[[歌舞伎役者]]。[[俳名]]は[[市川中車|中車]]。[[屋号]]は立花屋。別名は市川伊達十郎。
 
[[舞踊]][[藤間流]]初代[[藤間勘十郎]]の弟。[[1782年]]に[[岩井半四郎 (4代目)|4代目岩井半四郎]]の門下に入り岩井かるもを名乗る。[[19871787年]]11月に[[岩井喜世太郎]](喜代太郎とも)と改名。最初は[[若女形]]から[[1801年]]に[[立役]]に転じた。[[1804年]]11月に先代が[[助高屋高助 (2代目)|2代目助高屋高助]]を襲名した為に4代目[[市川八百蔵]]を襲名した。立役に転じてからはあまりぱっとせず[[中芝居]]や[[名古屋]]への出勤が多かった、[[1819年]]に2代目助高屋高助が没を機に市川伊達十郎を名乗り旅巡業に出た。しかし[[1827年]]には再び[[江戸]]に戻り八百蔵を名乗っている。[[1834年]]に高齢で引退した。
 
容姿にすぐれ華のある役者で[[実事]]、[[所作]]、[[和事]]を得意した。
{{Actor-stub}}
{{DEFAULTSORT:いちかわ やおそう04}}
[[Category:江戸時代の歌舞伎役者]]
[[Category:江戸時代の人物]]
[[Category:1772年生]]
[[Category:1844年没]]