「減税日本」の版間の差分

* 公認第一号として河村の高校時代の同級生である本郷谷健次が、2010年[[6月13日]]に行われた[[千葉県]][[松戸市]]長選挙で当選した。
* 2010年7月に行われた[[第22回参議院議員通常選挙]]において、河村は[[愛知県選挙区|愛知選挙区]](改選数3)に候補者を擁立する構想があることを5月26日に明らかにした<ref>[http://mainichi.jp/select/today/news/20100526k0000e010075000c.html 減税日本:参院選に候補者擁立検討 河村市長が明らかに]”. 毎日.jp (毎日新聞社). 2010年5月27日 閲覧</ref>が、後に断念した。
* [[大阪府知事一覧|大阪府知事]][[橋下徹]]の[[大阪維新の会]]との連携もあると報じられている。そして、河村自らが所属している民主党の市議会議員からの参加も呼びかけている<ref>[http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042602100004.html 「減税日本」届け出 河村市長代表、他党との連携も]CHUNICHI Web 2010年4月26日</ref>。また、愛知県知事の[[大村秀章]]が率いる[[日本一愛知の会]]との連携を行い、基本的に名古屋市内では減税日本が候補者を擁立することになった<ref>[http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20110226/CK2011022602000094.html 焦る既成政党 「愛知の会」「減税」、県議選に16人公認] CHUNICHI Web 2011年2月26日</ref>([[一宮市]]などで例外あり<ref>[http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20110218/CK2011021802000109.html 「一宮」にも候補擁立へ 減税日本が県議選で] CHUNICHI Web 2011年2月18日</ref>)。
* さらに、静岡市長選挙<ref>[http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011030290125128.html 元参院議員の海野氏、減税日本公認で静岡市長選に出馬へ] CHUNICHI Web 2011年3月2日</ref>など全国の首長選挙や地方議員選挙<ref>[http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011022802000022.html 「都内で50人擁立」 10候補発表 減税日本、目標示す] TOKYO Web(東京新聞) 2011年2月28日</ref>への候補者擁立を打ち出しており、地域政党から全国規模の政党への脱皮を図りつつある。なお、以前に河村は他自治体での候補擁立に含みを持たせた発言をしていた<ref>[http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042602000206.html 「減税勢力全国に」 河村市長、地域政党結成で会見]CHUNICHI Web 2010年4月26日</ref>。
* 2011年4月10日の統一地方選挙の前半戦では愛知県議会議員選挙で[[中村区]]と[[中川区]]を除く14区で候補者を擁立し、[[熱田区]]を除いた13区で議席を獲得した。しかし、愛知県議会議員選挙の名古屋市以外の選挙区や愛知県外の県議会議員選挙である岐阜県議選(岐阜市選挙区)や三重県議選(伊賀市選挙区)や静岡市長選挙で敗北を喫しており、名古屋市以外で広がりの見られなさが垣間見られた。
匿名利用者