「劉継元」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
天会12年([[968年]])、劉鈞が没し劉継恩が帝位を継ぐと、劉継元は太原尹に任じられた。同年、劉継恩が[[侯霸栄]]により殺害されると、[[司空]]である[[郭無為]]により皇帝に推戴された。即位後は[[遼]]との緊張関係改善に努めた。しかし残忍な性格の一面も有しており、養母である郭皇后及び劉旻の子を殺害し、また反抗する部下も一族誅滅に処すなどを行い、国内は大いに乱れた。
 
[[974年]]には広運と改元、翌年には[[遼]]って大漢英武皇帝冊封されている。
 
広運6年([[979年]])、[[宋 (王朝)|宋]]([[北宋]])は華南地区の当地を目指し北漢攻撃を実施、太宗[[趙光義]]の親征が実施される。遼は北漢へ援軍を送るが宋軍の前に敗退し、劉継元は宋に投降、ここに北漢は滅亡した。
153

回編集